テクスチャーを張る


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本的な張り


1.上メニュー→テクスチャ→カラーテクスチャの適用を選択。


2.画像保存画面が表示されるので、適当に名前をつけて保存。



3.新規静止画像の作成ダイアログが表示されるので、

解像度:お好み(2048*2048位)
ピクセルフォーマット:RGB
カラーの設定にチェックを入れ、ベースカラーを選択し、OKをクリック


部分的に貼り付け

UVマッピングを作成する際、自分の好きな箇所で切り出したい事があると?思います。
今回は、下図の耳のような箇所をもった物体をUVマッピングに切り出す方法です。

ポリゴン選択ツールを使い、切り出したい箇所を選択します。

上部メニュー→「選択」→「選択セットを適用」を選択すると、下図のようなダイアログが表示されます。

適当に名前を付け、「OK」をクリックします。

すると、「リスト」タブ→ポリゴン→選択セットで選択 の中に
登録されています。詳細な意味はわかっていませんが、自分の好きな箇所を登録できるみたいです。

毎回選択する手間がなくて便利です。

選択セットの行の横にある「+」「ー」をクリックすると、そのグループを選択、非選択状態にすることができます。

…まぁ、そんな具合で切り出したい箇所を選択したら、
1.「UV」タブを選択
2.「展開ツール」を選択
3.「反復回数」を適当な大きな数字にする。(500〜1000位?)
4.3Dビューポート上をクリック
5.すると、UVエリアに展開されます。

UVの展開方法はいろいろあると思いますが、複雑な設定がわからないので、
「展開ツール」が一番簡単でした。
UVエリア上で拡大縮小、移動を自由に行うことができます。
上記の手順で他の部分も行います。

選択時に耳部分がじゃまな場合、メニュー上部→「ビュー」→「選択を非表示」から「全て表示」までの4つのメニューを使い分け、一時的に隠すといいですよ。