ショートカット一覧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

pixlogicからの単なるベタ翻訳です。
ZBrushの4ショートカット

一般的なショートカット

プロジェクトを開く- Ctrlキー+ O
  • プロジェクトの保存Ctrl + Sを
元に戻す- Ctrl + Zキー
REDOログ- Shift + Ctrl + Z
ポップアップ選択(上のPCのみ)
ツール- F1
ブラシ- F2
ストローク- F3
アルファ- F4
テクスチャ- F5
材料- F6(カーソルでオフキャンバスエリア)
クイックメニューを表示する- スペースバーまたはマウスの右ボタンをクリックし
  • フローティングパレットの表示/非表示Tabキーを
  • 商品説明(ポップアップ情報がオンにされている場合)を表示Ctrlキーを押しながら項目上にカーソルを
  • 代替項目の説明を表示する 項目の上でCtrl + Alt +カーソルを
カスタムホットキーを割り当てる- Ctrl + Altキー+項目をクリックします(環境設定でホットキーストア>ホットメニュー)
プロジェクションマスター- G

ライトとスポットライト

表示/非表示ライト- [カンマキー]
選択した項目をロード- ライトのサムネイル ​​をダブルクリックします(テクスチャ/アルファがスポットライトにロードされます)
テクスチャまたはAlphaパレットにロード- テクスチャ/アルファのShift +ダブルクリック
スポットライトをオン/オフ- Shiftキー+ Z
表示/非表示Spotlightのダイヤル- Z

編集モードナビゲーション

  • 編集モードの3Dメッシュと
フリー回転- 背景をクリック&ドラッグ
移動- Altキー+クリック&ドラッグの背景
90度の回転を抑制する- をクリック+ドラッグし、Shiftキーを押し
拡大縮小 Altキー+クリックして、リリースAltキー、ドラッグの背景
Z軸周りに回転する Shiftキーを押しながら、ドラッグ、リリースShiftキーを押しながらクリックしてください
(最適な結果を得るにはオフに右クリックナビゲーションの設定]> [インターフェースメニュー)。


右クリックナビゲーション

(電源をオンに右クリックのナビゲーションで[設定]> [インタフェースのメニューを。)
移動- Altキー+マウスの右ボタンでクリック&ドラッグ(モデル以上になることができます)
スケール- Ctrlキーを押しながらマウスの右ボタンでクリック&ドラッグ(モデル以上になることができます)
回転- 右クリック&ドラッグ(モデル以上になることができます)
[ 編集 ]
彫刻と絵画
描画サイズ- S
焦点シフト- O
RGB強度- I
Z強度- U
セット単位で描画サイズを増加させる- ]
セット単位でサイズを描画減少- [
(の増分を設定Zplugin>その他ユーティリティ>ブラシインクリメントスライダー)
  • オン/オフモードを編集してT
ドロー- Q
移動- W
スケール- E
回転- R
  • ZAddとZSub切り替えるAltキーを(押し)

スカルプトブラシ

詳しくは違うかも知れないがこの理屈はBでブラシポップをして頭文字でブラシを絞込み選択すると言う物。
ブラシに対して決め打ちは出来ないもよう(多分)

逆に言えばB→でブラシの決め打ちを分岐出来るがパッドでやるならマクロが必要となる。



ブラシポップアップを表示する- B

これは押し順
標準のブラシ B - S - T
滑らかな強化 B - S - S
弾性移動 B - M - E
MPolish B - M - P
ClipCurve B - C - C
ClayLine B - C - L

カラー

カーソル下の色を選択してください- Cを
スイッチ色- V
[ 編集 ]
ストローク
怠惰なマウス- L
最後のストロークを再生する- 1
レコードストローク- 3
すべての録画ストロークを再生する- 2

3Dモデル

ルーペ M
保存ツール Shift + Ctrl + T
表示するには メッシュをフィットさせる- F
視点 P
床グリッド Shiftキーを押しながら+ P
アクティベーションの対称性 X
ポリゴンラインの表示/非表示 Shiftキーを押しながら+ F
ポイント選択モード- Shift + Ctrl + P
一連のピボットポイント- Ctrlキー+ P
明確なピボットポイント- Shiftキーを押しながら+ P
スナップショットキャンバスにバージョン- シフト+ S


サブツール

すべてのサブツールを一覧表示- N
Alt +クリックでSubTool -そのSubToolを選択

ジオメトリ

分割- Ctrlキー+ D
低解像度- Shiftキー+ D
より高い解像度- D
エッジループ- Ctrl + Eキー(部分的に隠されたメッシュ)

HDジオメトリ

HDスカルプモードのイン/アウト切り替える- (メッシュの上にカーソルを)
  • すべてのHDジオメトリをレンダリング(背景の上にカーソルを)

マスキング

ビューマスク- Ctrlキー+ H
反転マスク- Ctrlキー+ I
クリアマスク- Shift + Ctrl +
  • すべてのマスクはCtrl +
マスキングブラシを選択してください-ホールドCtrlキーを押しながらポップアップメニューからブラシを選択している間
オブジェクトのペイントマスク(アルファ/ストロークを使用することができます) - Ctrlキー(押し続ける)
  • 逆マスクを削除またはペイントCtrl + Altキー(押し続ける)
逆マスク- Ctrl +クリック背景
マスク解除- Ctrl +クリック+ドラッグの背景
一定強度のマスク- Ctrl +クリック、リリース、Ctrlキー、ドラッグ(メッシュをオフに開始)
アルファ強度マスク(MaskPenまたはMaskRectブラシを使って) - Ctrlキーを押しながらクリック&ドラッグ
(Ctrlキーを押しながらアルファを選択します)
ぼかしマスク- Ctrl +クリック、メッシュ上
マスクをシャープに- Ctrl + Altキー+クリックしてメッシュ上に

トポロジカルマスキング

移動、スケールまたは回転させるモードで- Ctrl +クリック+アクション行をドラッグしてモデルに

部分的なメッシュの可視性&クリップブラシ

ホールド-選択またはクリップブラシを選択Shift + Ctrlキーをポップアップメニューからブラシを選択している間
  • メッシュの部分を表示するShift + Ctrl +]をクリックして、リリースキー&ドラッグし(緑色の選択エリア)
  • メッシュの部分を隠す+ Ctrl +クリック、リリースキー&ドラッグ、Shiftキーを- Altキー(赤選択エリア)
選択やクリップ領域を移動する- " キーを押し、スペースバーをマウス/ペンを離さずに
メッシュ全体を表示する- Shiftキー+ Ctrl +クリックの背景
  • のみ選択Polygroup(完全に目に見えるメッシュの場合)を表示Shift + Ctrl +クリック
非選択Polygroup(完全に目に見えるメッシュ上) - Shift + Ctrl + 2回クリック
非選択Polygroup(部分的に見えるメッシュ上) - Shiftキー+ Ctrl +クリック
逆に可視性- Shift + Ctrl +クリック&ドラッグの背景
  • 柔らかい方向変更を追加ClipCurve 一度Altキーをクリックします
  • シャープな方向変更を追加ClipCurve 回クリックしてAltキー
クリップ領域をリバース- Altキー(押し続ける)

ステンシル

  • オンステンシルAltキー+ H
ステンシルの表示/非表示- Ctrlキー+ H
コインコントローラ- スペース

ZSpheres

プレビュー適応スキン-

モードを引く

子zsphereの追加- zsphereのをドラッグして
削除zsphereの- Alt +クリックzsphereの
同じサイズの子zsphereの追加- クリック+ドラッグし、Shiftキーを押し
子zsphereのとスケールリンクの球を追加します- クリックして+の大きさに新しいzsphereのは、Ctrl +ドラッグをドラッグして
zsphereの挿入- リンク·スフィアをクリックします
とツール>適応スキン> ClassicSkinningを使用して:
球は磁石を定義します/メッシュを破る- Altキー+クリックしてリンク·スフィア

移動モード

zsphereの移動- ドラッグzsphereのを
(ナチュラル·リンクの動き)ポーズ- ドラッグリンク·スフィア
チェーンを移動- Alt +ドラッグリンク·スフィア

スケールモード

規模zsphereの- ドラッグzsphereの
収縮/膨張させるチェーン- Alt +ドラッグリンク·スフィア
大規模チェーン- ドラッグリンク·スフィア

モードを回転させる

スピン鎖- ドラッグzsphereの
コントロール·ツイスト- Alt +ドラッグリンク·スフィア
チェーンを回転させる- ドラッグリンク·スフィア

ZSketch

ZSketchの編集モードを有効にする- Shiftキーを押しながら+(編集モードでzsphereの電機子を含む)
プレビュー統一スキン-

キャンバスと2.5D

  • 2.5Dブラシの効果が逆Altキーを(押し)
作物と塗りつぶし- + Ctrl + Fキーをシフト
ドキュメントからテクスチャを取得- Shiftキーを押しながら+ Ctrlキー+ G

ドキュメントのレイヤー

透明層- Ctrlキー+ N
レイヤを埋める- Ctrl + Fキー
焼くレイヤ- Ctrl + Bを
レイヤーのサムネイル ​​を、オン/オフのすべてのレイヤーを切り替える- Shift +クリックを
  • pixolが常駐クリックしたレイヤーを選択〜+をクリックしてキャンバス(米国) @ +をクリックしてキャンバス(英国)
層の内容をアップ/ダウン/横(X&Y)に移動- 〜+ドラッグ(米国) @ +ドラッグ(英国)

マーカー

場所マーカ- M
削除するマーカー- Ctrlキー+ M

キャンバスのズーム

オブジェクト等の影響は無く画面を単に拡縮するだけの機能

実際のサイズ- 0 [ゼロ]
アンチエイリアスハーフサイズ- Ctrlキー0
でズーム- + [プラス記号(+)]
ズームアウト- - [マイナス記号]

タイムライン

新しいキーフレームを配置する- タイムラインをクリックしてください
既存のキーフレームを選択してください- キーフレームのドットをクリックしてください
ズームイン/ズームアウトタイムライン- 選択したキーフレームのドットをクリック
  • 選択したキーフレームの移動]をクリック+新しい位置にドットをドラッグし(最後は削除されますオフドラッグ)
既存のキーフレーム内の新しいデータを格納する- キーフレームのドットでShift + Ctrl +クリック
キーフレームを削除- クリック+タイムラインオフドラッグドット
  • 選択したキーフレームをコピーしてShiftキー+あなたがコピーしたい時点で、タイムライン上でのクリックを
複数のキーフレームをコピーする- Shiftキーを押しながら+コピーされるすべてのキーフレームのドットをクリックして、Shiftキーを押しながらタイムラインをクリックします
あなたがコピーをしたい時点で
遷移キーフレームを作成する- Ctrlキーを押しながら、既存のキーフレームのドットをクリックしてください
硬質キーフレームの作成​​- Altキー+既存のキーフレームのドットをクリックしてください
  • 前のカメラのキーフレームに移動し、左矢印
  • 次のカメラのキーフレームに移動し、右矢印
タイムライン(ループ再生します)を再生する- Shiftキーを押しながら+タイムラインカーソルをクリックしてください
  • タイムラインの再生を停止をクリックし、Escキーを
ムービーとして記録的なタイムライン- Shift + Ctrl +タイムラインカーソルをクリックしてください
(最初の左矢印を使用して、開始にカーソルを設定します)

ムービー

·ムービーのスナップショットはCtrl + Shift +! (米国) Shift + Ctrl + PageUpキー(英国)

レンダー

ベストプレビューレンダー(BPR) - Shiftキー+ R
  • すべてのレンダリングShift + Ctrl + Rを
カーソル選択レンダリング- Ctrlキー+ R



カスタムUIと構成

カスタムインターフェイスの位置にアイテムを移動- Ctrl + Altキー+ドラッグ(時のカスタマイズが有効にオンになっている)
カスタムインターフェイスの位置から項目を削除する- Ctrl + Altキー+キャンバスにドラッグします(時のカスタマイズイネーブルにあります)
ストアコンフィギュレーションファイル- Shift + Ctrl + I
ロードユーザー·インタフェース·コンフィギュレーション·ファイル- Ctrlキー+ L
ユーザーインターフェイスのコンフィギュレーションファイルを保存する- Shiftキーを押しながら+はCtrl + Alt + I

ZScripts


使い道はuiの記録再生程度だととの事。

  • zscriptのロードShift + Ctrl + Lを
  • zscriptのリロードはCtrl + Uを
zscriptのウィンドウの表示/非表示- H