ウロボロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

属性

滅びの三竜が一体

詳細説明

『リヴァイアサン』、『バハムート』と並び滅びの三竜が一体。

伽藍堂の願望機。最新の災厄。無限の大地。円環の龍。
他の二竜と同様に神を超える力を持ち、世界そのものである絶対の『ルール』。
根本から通常の竜種とは異なり、更には三竜の内もっとも近代に出現し、特に異質な性質を持つ。
数百年前に突如として現れ、世界をループによって閉塞させ、未来を消失させた。
成り立ちから歪んでおり魂を持たず、『願い』を持つ人の魂を内包することで起動する『願望機』。
『願ったから現れた』のか『現れたから願った』のかというような捻じれた因果によって、世界に突如出現している。
そして『ウロボロス』自体が意図しているのかは不明だが、『願い』を叶えさせるために時間を何度もやり直させるが、その『願い』は決して叶うことはない。
世界を閉塞させるためだけに存在する歯車である。
また、自らで完結している輪廻によって、存在するだけで周囲の生命を蘇生し『素霊結晶』を無尽蔵に生成し続ける。

 

 

 

 

『ウロボロス・アナスタシア』
アナスタシアの5歳まで主人格であり、本来の人格。
その精神性は、神の天聖気を内包していることにより、優しく、慈愛に満ち、争いを嫌う聖女のようなものであった。
だがある一件によって人格は崩壊、現在のアナスタシアが表の人格を引き継いで、心の中に埋没する。
それによって心の奥底、神の封印さえ超えた領域の、自らの源泉でありそのものである『ウロボロス』を発見。
内側からそれをコントロールすることによって、『外』のアーニャを助けてきた。
だが強大な『ウロボロス』の力に触れ続けることで、その人格は歪み、囚われていく。

『戦うこと』に囚われるアーニャを見限り、ウロボロスの完全復活を目論む。
そして両親が死ぬことのなかった『正しい世界』を『ウロボロス』に願う。

 

 

関連アイドル