持田亜里沙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

職業

アイドルヒーロー同盟、ヒーロー応援委員

属性

優しいてんてー

能力

伝達術『メッセージ』、腹話術?

詳細説明

ヒーロー達の夢を応援する素敵なお姉さん先生。
アイドルヒーロー同盟に所属しているが、彼女はアイドルでもヒーローでもなく、
プロデューサーやトレーナーと言った人たちと同様、彼女達のサポート役として従事している。
同盟の本部から委員に選ばれているが、特に同盟の方針や意思に口出しできるほど偉い立場ではないらしい。
困っている人を助けるのがヒーローだが、そのヒーロー達が困った時に”ほんの少し”手助けするのがお仕事だとか。
悩みを聞いたり、ステップアップの方法を考えてくれたりする。云わば相談役。
ヒーローの夢を追う人達を応援しているらしく、ヒーローを目指す皆さんにはヒーローのイロハを教えている。
そのため、彼女の事をよく知る者は親しみを込めて「てんてー」と呼ぶとか呼ばないとか。
《ウサコと亜里沙のヒーロー指南教室!》と言うコーナーに出演しており、それもヒーローを応援する活動の一環だとは本人の弁。
時々、知らないはずの話や、普通は知れない話など、メタい発言が飛び出す不思議な人。
右手のウサギのパペット「ウサコ」を四六時中外さない。など、ほんの少し、秘密があるだけの優しいお姉さん。

『メッセージ』

持田亜里沙に天使ガブリエルから伝えられた能力。
伝令の天使から伝わった能力らしく、聞き取り伝えるための力。いわゆるテレパシー系統の能力。
聞きたい相手から聞きたい事を聞くことが、伝えたい相手に伝えたいことを伝えることが出来る能力。
能力の送信と受信に天聖気を使っているために、
天聖気を受け入れないものにはこの能力は、最大限には通じないことがある。
彼女の腹話術は、この『メッセージ』を利用しているのではないかともっぱらの噂。

『会話《コミュニケーション》』
メッセージを利用して、特定の人間同士の脳内会話が出来るようにすると言う通信手段。 
この術に距離や範囲、人数などに制限は無いが、あまり広い範囲の多くの人間と会話しようとすると、
混線して訳がわからないことになるのでやらない。(と言うか多くの場合は電話やその他通信手段で事足りる)
能力名の通り、通信相手に亜里沙と会話しようと思う意志が無ければ、この能力は通じない。

『噂話《ゴシップ&ニュース》』
メッセージを利用して、特定地域にうわさ話を流す。
ひそかに女子高生の間にソーセージ屋台が来ているうわさを流す事などができる。

『共感《シナスタジア》』
メッセージの聞きたい事を聞き取れる力を利用して、
言葉から、映像や匂いや感触と言った付随情報を”聞き取る”ことができる。
(例えば誰かの噂を聞いただけで、その誰かの姿かたちをその目で見たことあるかのように情報を得ることが出来る)

『注目!《アテンション!》』
メッセージの伝えたいことを伝える力を利用して、
周囲に対して強力な注意喚起を行える能力。特定のものに大衆の注目を集めることができる。

『交信《コンタクト》』
メッセージを利用して、別種の生き物との会話が行えるようにする通信手段。
動物はもちろん、植物や虫とさえも会話を可能にする。
ただし”意志”がそこにあると認められるものとしか会話は出来ない。 

『告知《アナンシエーション》』
持田亜里沙の能力。メッセージの持つ超常的な力。奇跡の行使。
聞きたいことを聞くために、伝えたいことを伝えるために奇跡すら引き起こす。
強大な能力であるため何度でも使える力ではなく、聞き取る方法や伝える手段も選べない。
彼女が通常の手段で知りえない情報を知るのも、この力のおかげ。
また、新聞を通して、『普通力』の持つ斥力すら跳び越えて、島村卯月に『小日向美穂がヒーローである』事を伝えたのもこの力。
そのせいで矛盾を抱えた世界が縺れることとなる。
つまり今回の事態を引き起こした犯人は持田亜里沙であった。 
 

関連アイドル

関連設定

  • 現在特になし