吸血鬼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 概要

 

以下派閥について。

共存派:人間との共存を理念に掲げている派閥で比較的温厚で歳もそれなりに取っている連中が多い。
人間に関しては畏怖や尊敬の念を抱いている吸血鬼も多く、その原因の多くが過去に人間界に侵攻して逆に退治去れたことが起因となっている。
魔界内では実力者が多く、そのおかげで他の派閥をなんとか抑え込んでいるもののいつその抑えが効かなくなるかわからないのが現状である。

家畜派:人間を家畜同然と見下し自分達の食料としてだけの目的で人間界に侵攻している連中、所謂吸血鬼界のヒャッハー枠である。
人間の事は完全に見下しおり人間なら(たとえ人間に化けた魔王や魔神でさえ)見かけた瞬間ほぼ確実に喧嘩を売ってくる(そして大抵返り討ちにあう)。
現在は戦力補充をするため人間界に数多く侵攻しており遭遇確率が高くなっているので注意。

利用派:人間と言うか自分達以外の者を利用して魔界や人間界を支配する事を目的としている連中でずる賢い奴が多い。
他の派閥(特に家畜派に)にスパイを数多く置いてあり、それらを使った煽動が得意技の一つと言われている。
現在は『ルナール社』経由で『櫻井財団』にスパイを送り込む計画を侵攻中である。

 

関連設定

  • 現在特になし