2スレ目>>979~>>985


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 オーブンを開けると熱気と一緒に甘い香りが立ち上る。
 カップケーキを取り出すと、竹串を刺して中まで焼けているのを確かめる。
 一つ味見に齧りつく――うん、美味しい!

 こんな体になってからも、お菓子作りはやめてない。
 むしろ前より頻繁になったくらい。
 以前は体重を気にしたりもしたけど、今はお菓子のほうがずっと大事。

 作ったお菓子は二人にも振舞う。
 好みが少し違うから、文句が挙がることもあるけれど、幸せな時間は三人で共有したいから。
 でも……


法子「ぎ も゛ぢ わ゛る゛い゛……」

 今日の法子ちゃんはずっとこんな感じ。
 天気が良かったから公園でシートを敷いて待ってたんだけど、やってきた法子ちゃんを見て無理やり帰そうかとも思ったくらい。
 大丈夫と言い張って聞かないからそのまま居させてるけど、さっきからロクに食べてない。

 せっかくドーナツも作ってきたのに手を付けようともしないなんて、かなり深刻な事態かもしれない。
 みちるちゃんも、食べながらだけど心配してる。
 そうして法子ちゃんに注意が向いていたとき、不意に後ろから伸びてきた手がドーナツを掴む。


??「食べないなら貰ってもいいですか~」

 声のした方を見ると……同い年くらいかな? なんかちょっと色っぽい人が返事も待たずにドーナツをかじってた。

??「ん~っ、美味しい! これ手作りですか? 上手なんですね~」

??『ちょっと菜帆ちゃん? 良いって言ってくれるまで待たないと~』

 その人を窘める誰かの声、それを聞いたとたん思わず座りなおしてしまった。
 なんでかは良く分からないけど、そうしなければならないと感じた。


法子「う゛ぇ゛っ」

 法子ちゃんが吐いた。なんでこのタイミングで……
 ゴトッと音をたててそれは地面に落ち……え?
 法子ちゃんが吐いたのは七色の、多分カースの核だった。何これ?

法子「あー、吐いたらすっきりした」

 法子ちゃんが回復したのはいいんだけど、コレどうするの?
 手をこまねいていると、さっきから居た人が核を拾って――齧った。

??「……硬くて噛めない~」

法子「人が吐いたもの食べようとしないで!?」

 顔を真っ赤にして怒る法子ちゃんかわいい、じゃなくて。
 ああもう何が何だか。


法子「って、誰?」

 そういえば知らない人だった。

菜帆「私? 私は海老原菜帆っていうの~」

ベル『そして私はベルゼブブ。暴食を司る悪魔よ~』

 あ、悪魔!?
 私たちは竦み上がってしまう。

菜帆「あー、ベルちゃんったら怖がらせちゃって。いけないんだ~」

ベル『別にそんなつもり無かったのに~』

 なんか凹んでる。
 そんな様子を見てると怖がったのが馬鹿みたいに思えて、私は笑っちゃった。

ベル『あっひどいー、笑わないでよ~』

 こうして良く分からない流れで打ち解けた私たちは、四人(五人?)でお菓子を食べた。


菜帆「今日はごちそうさま~」

ベル『ごちそうさま~』

 菜帆さんたちは食べ終えるとすぐに居なくなっちゃって、私たちは三人で片づけをする。

みちる「そういえばこの核? どうする?」

法子「その辺に捨てちゃってもいいんじゃないかな」

かな子「何か使い道が出てくるかも知れないから、取っておかない?」

みちる「じゃあ任せた」

かな子「えっ」

法子「あたしも、吐いたもの持ってるのはイヤかな」

かな子「あっ」

 ……言いだしっぺの法則って、あるよね。

つづく


??「原罪とは、要するに『人が知恵を持った罪』ですよねぇ。

   ――ねぇ、王子様?

   彼女が生んだ原罪は、一体『誰』が知恵を持った罪なんでしょうねぇ。

   ……むふふ♪」