2スレ目>>661~>>669


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マナミ「やはり、まだ手掛かりはないか」

龍帝キバ…いや、木場真奈美は魔王サタンの呪いの解呪方法を探していた。

自分のせいで彼は死にそうなのだ。速くしないといけない……

必死で探すがまだ見つからない。

マナミ「虱潰しに探すしかないか」

頭を片手で抑えながら、そうぼやいていた。

 

 

 

『~~~~~~~』

「暴風よ!大いなる我が力に従い、全てを薙ぎ払う驚異で、死神の鎌の如く、我が敵を斬り裂け!サイクロンスライサー!!」

 

 

 

 

マナミ「!?」

龍言語魔法と魔術の詠唱。

マナミが龍の翼を出し防ぐのと、黒炎の渦と暴風の凶刃がぶつかり合ったのは同時だった。


マナミ「……誰だ?」

???「やっぱりこの程度では傷一つつかないわね。わかるわ。そして、妬ましいわ」

真奈美が翼で身を固めながら、睨むようにその声の主を睨んだ。

そこには、二匹の蛇がいた。恐らくは先程の攻撃はこの蛇がやったのだろう。

だが、真奈美に一つの疑問がうかぶ。

---何故?何故コイツは龍言語魔法を使える?

だが、この蛇と言葉から正体はわからないが、誰かを理解した。


マナミ「レヴィアタンか……」

レヴィアタン「ええ、そうよ。だけど、私が誰かわからないのね」

マナミ「訳をわからないことを言うな。まるで、私がお前を知ってるみたいだな?そして、お前は私の事を知ってるみたいだな」

そう言いながら爪を具現化させ、警戒する。

恐らく、この蛇を操ってる本体がいるはずだが、その姿が見えない。

それに嫉妬を司る悪魔に龍言語魔法など使えない筈だ。そもそも龍族でない魔族には使えない筈……


レヴィアタン「わかるわ。忘れるはずもないわ!!もっとも妬ましく、憎いお前らを…貴様を……!!」

レヴィアタン「龍帝……キバ!!例え姿が変わろうが、忘れはしないわ!龍族と魔族で呪われた子と言われた私を受け入れてくれ、憧れた貴方達を。……だけど、貴様らのせいで私は……≪私≫は!!」

蛇は吠える。もっとも妬ましく憎いモノの一人!龍帝に!!


マナミ「!?……お前はまさか……」

レヴィアタン「だけど……今は貴様を殺さないわ」

思い当たる節があるのか、真奈美の顔は驚きを隠せていなかった。

思い当たる節があるのだ。
昔、魔族からも龍族からも虐げられてた一人の混血を…

それと同時にドロリと二匹の蛇が溶けていく。

レヴィアタン「お前らの希望を消し、絶望に叩き込む。それが私の復讐よ。もっとも妬ましく憎い……憧れてた貴方達への…」

 

 

 

 

わ か る わ ね ?

 

 

 

 


水面に走る波紋が如く、そう言い残し、レヴィアタンの気配は完全に消えた。

マナミ「待て!くっ…気配が完全に消えた?いや、それより希望を消す?まさか……」

痕跡が完全に消えたその場所を見ながら、木場真奈美は嫌な予感をぬぐいきれなかった。

思い浮かべるは自分の我が子と友人の娘。


また少しずつ、蛇は這い寄ってくる。


終わり