ソフトバンク ブラックリスト回避


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。

ソフトバンクの期間ルール(90日ルール)

ソフトバンクにも他社のようなMNP・新規契約時の期間ルールがあると言われておりますが、個別の審査によりその期間は異なるようで、一般化ができません。
おそらくは、ドコモの90日ルールと似たものと考えられますので、同時に3回線以上の契約は難しいものとおもわれます。


短期解約によるブラックリスト(181日ルール)

ソフトバンクの場合もドコモと同様に短期解約をした場合にブラックリストに入る場合があります。
その期間もドコモと同様に180日以下であり、その後一定期間は新たな契約ができなくなるか、預託金を求められる場合があります。
また、このブラックリストの判定は、プリペイドケータイ「プリモバイル」に対しても行われますので、
たとえMNPの弾として調達コストが低くとも短期間に連続してMNPなどで解約をするとブラックリスト入りする可能性があります。


iPhoneにおける例外

iPhoneは1年以内の解約はブラックリスト入りの可能性

iPhoneについては、他のスマートフォンや携帯と比べて例外的に短期解約の期間が1年に延長します。
これは、ソフトバンクにとって生命線たるiPhoneをアップルと特別の契約を行なって仕入れているために、このような厳しいものになっているためかと思われます。
したがってMNPを行う際の機種にiPhoneを行う場合は、そのタイミングや価格などの条件について十分検討することが必要です。





















.




























.