ドコモ ブラックリスト回避


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ドコモブラック回避情報

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。

各社共通

代金・機種代の未納は各社共通でブラック入り

短期解約(181日ルール)

短期解約を行った場合にブラックリスト入りすることがあります。
短期とは、180日以下を指し、短期解約をした履歴がある場合は
ドコモ内のブラックリストにメンバー入りし、その後一定期間は新たな契約ができなくなるか、
預託金を求められる場合があります。

ブラックリストからの開放されるための期間は、数年に及ぶと言われている。
少なくとも歴日で6ヶ月は解約をしないことをおすすめします。


契約台数制限(90日ルール)

1人あたり5回線までは回線を持てますが、
3回線目以上は、91日以上を空ける必要があります。(90日ルール)
2in1のBナンバー発行の際も適用となります。

90日ルールの例外

音声回線とデータ回線、フォトプラン回線はそれぞれ別カウントとなります。
音声回線からデータ回線への契約変更も可能です。
コモと長期の契約をしている場合は、この90日ルールが緩和される場合があります。
ネットでは、その期間について様々な情報がありますが、概ね1年以上とされています。




























.