※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


-実践例-

1.崖際で残像剣状態で爆弾を出す
2.タイミングよく(点滅が早くなって大体3回以降)爆弾を盾置き+崖に向かってバック宙
3.盾は構えっぱなしで爆風を防ぐ
4.1~3をループ
5.リンクがカメラから外れたらフックショットまたは弓を構える

失敗例

  • すぐに地面に落ちてしまう
=高度が足りない
対処:崖に向かってホバーをする
   平らな場所で使う場合には、一度浮いた後すぐにボムチュウホバーをする

  • 爆風を防げずそのまま落ちてしまう
=バック宙のタイミングが早いor盾置きが早い
対処:バック宙のタイミングを少し遅くする
   順序立てて盾置き→バック宙、と入力すると当然爆弾がさっさと下の方に落ちてしまうので
   バック宙と盾はほぼ同時にするように


詳細
残像剣を発動している状態で空中で攻撃を盾で防ぐ事によって空中に浮く技
残像剣中は剣を振り続けている状態の為落ちないという仕様により出来る
すぐ下に地面がある場合地面に降りてしまう
平らな場所ではどうしても一回でホバーすることは不可能
基本的に爆弾でホバーする事が多いので技名をボムホバーとしたが、盾で防げる攻撃ならばどの攻撃でもホバーは可能
またボムチュウでホバーする際はボムチュウホバー、バクレツの場合はバクレツホバーとなどと呼ぶ
ムジュラの爆風は一瞬で広範囲に渡るので時のオカリナに比べ圧倒的にホバーが簡単
ホバーをする際は基本的に爆風が届くように爆弾ドロップと同時にバック宙または横っ飛びをする
高さを稼ぐ際はバック宙を少し遅らせても良い
距離、高さは横っ飛びよりバック宙の方が大きいが横っ飛びの方が早い
ホバー中、基本的にアイテムは使えるがフックショットをうつことは出来ない(構えるだけなら可能)
ホバー中、リンクがカメラから外れてしまった場合フックショットまたは弓を構えると良い
ただしリンクの位置が低すぎると構えるのをやめた時にまたリンクがカメラから外れてしまう
オカリナを使う場合はオカリナダイブを参照