※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

名前 オルガ

性別 女性

年齢 25歳

種族 吸血鬼

職業 ストリート・シンガー 兼 冒険者

ステータス

P0T3S3

HP 20

MP 20

スキル

魅力/吸収/地位/音楽/舞踏/雑学/霊感/伝説知識//魔法知識

外見

金色の髪、赤い目。肌の露出を抑える、黒いドレス風のロングワンピース着用。白い大型のヘッドドレス。

髪型はツーサイドアップにしている。赤い布が髪留め代わり。

童顔。目は細く釣り目で、整った小顔や全体的に引き締まっている体もあって華奢。

性格

去るものは追わず、来るものは拒まずといった性格だが、反面自分から何か訴えかけることは少ない。

誰かと話すのは嫌いではないらしいが、しかし、自分の独特の間合いを持っていて、人と必要以上に関わろうとしない、

押し引きがハッキリしている性格。

背景

ある貴族家の娘として生まれたが、その家系が非常に特殊だった。

世の中から見捨てられた人外を保護するといった、貴族としては異例な、

人権派の考えを持った貴族家であり、その穏やかな環境で育った。

しかし、ある時その家系が謎の解体して一家四散。同族のところも、

人間の中で育ってきたため、蛮族のような人を襲う過激な吸血鬼集団になじめず、行くあてがなくなる。

そのため、これまで身についた知恵でストリート・シンガーを行いながら、生活の糧を得ている。

冒険者になった理由は、[ある一族]を探しているからであるが…。

現状は戦闘能力はほぼ皆無のため、冒険者という身分を借りているに等しい。

吸血鬼ではあるが、その特異的な体質も人間社会とのかかわりが長いせいで、薄らいでしまっているので、

殆ど性質は人間と変わらない。特徴的なのは奥歯に生えた牙と、吸血鬼特有の若さぐらいである。

なぜか日中、表へ出ても対して影響はない。直射日光を浴びると気分が悪くなる程度で、生命に危険はない。

これも人間社会に適応しすぎたという結果か、それとも元々特異的な体質なのかは不明。

所持品

大型バッグ

(中身/羊皮紙数枚、水袋、筆記具、コスプレ用洋服数着)

配布アイテム

アイテム名/カテゴリ名/備考/入手経路

回復薬    回復アイテム 小さな薬瓶に入った薬液です。飲むことで体力を回復します。

試験的回復薬 回復アイテム 対象のHP10回復可能。消耗品。 βオープン記念

メモ

よろしくお願いします。

対応人数は3名ほど。4名以上になると反応が遅くなる可能性あり

レスは10分前後を予定

プレイヤー名(連絡先)

 AB(quantaexv★yahoo.co.jp)