トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メタボリックシンドローム(英: metabolic syndrome、代謝症候群、
単にメタボとも)は、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に
高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいう。

特に日本人は民族的特徴から、米国人よりこの
メタボリックシンドロームに悪影響を受けやすいとされる[1]。
1951年、Jouve、Vagueらは男性型肥満が心血管疾患の原因になることを
指摘したが、1981年、Rudermannらは正常体重でも肥満の人と
同様に心血管疾患になりやすい(MONW)人が存在し、
これが高インスリン血症によるであろうと報告した。