魔法技能について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■魔法のつくりかた
魔法技能の特色は、《クリエイト・マジック》と各『追加呪文』によってプレイヤーごとにオリジナルの魔法を創り出せることです。
《クリエイト・マジック》は習得したばかりでは呪文が何も書かれていない、通常攻撃と同様の攻撃スキルですが、プレイヤーが通常のスキル習得と同じように経験点を消費し追加呪文を『書き込む』ことで、この魔法はあなたの思うままに様々な進化を遂げていきます。
例えば、大火力で敵を葬る魔法が欲しければ、《追加呪文:リインフォース》、《追加呪文:ヴェックス》などを書き込むと良いでしょう。
回復魔法ならば《追加呪文:リバーサル》、《追加呪文:イモータル》を書き込めば、戦闘不能とHP回復を同時に行う魔法のできあがりです。
追加呪文には様々な用途があり、それらをどう組み合わせるかが魔法技能の醍醐味です。
ただし、書き込んだ追加呪文はいかなる場合においても発動するため、不慮の事故などが起こらないよう組み合わせには注意しましょう。

■マナについて
《クリエイト・マジック》による魔法を行使する場合、『マナ』と呼ばれる特殊なエネルギーを追加コストとして消費しなければなりません。
マナは全てのキャラクターが共通で1点所持しており、メインクラスに『ソーサラー』を選択した場合は更に自身の【感覚】の値だけ追加でマナを得ることができます。
消費したマナは1日の終わりに全て回復しますが、それ以外に回復する方法はほとんどありません。
つまり、メインクラスが『ソーサラー』であれば1+【感覚】回、それ以外なら1回だけ、1日に魔法を行使できるのです。
平時は《マジックミサイル》などのマナを使わない魔法で援護しつつ、ここぞというときにマナを消費しオリジナル魔法で窮地を脱する、
これが魔法技能の一般的な立ち回りとなります。