シャーマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クラスタイプ:後衛・特殊攻撃型
習熟武器:なし
スキル一覧
Ver1.0での変更点
  • 《朽縄の血》の効果変更
  • 《飢え、または渇き》の効果変更
  • 《血の結合》を削除
  • 《流血の注入》の名称を《残響する呪詛》に変更

■概要
特殊な呪術を用いて戦う後衛職。
魔法とは違い、マナではなく自らの命を削って攻撃する。


《異能者の称号》

実力を認められた証として特定の称号を得る。
最大レベル 上限なし
タイミング パッシブ
判定種別 判定なし
スキル効果 あなたは称号「シャーマン」を新たに獲得し、名声に10点のボーナスを得る。
あなたがこのスキルのレベルを上げるたび、名声に10点のボーナスを得る。
このスキルがLv4以上であるならば、代わりにあなたは好きなクラス称号を獲得できる。(これはあなたが自ら名付けてよい。)
レベル補正 レベル2:シャーマン→オラクル
レベル3:オラクル→ドルイド
■概要


《血清の摘出》

自身の命を削り呪術に必要なアイテムを作り出す。
最大レベル レベル1
タイミング パッシブ
判定種別 判定なし
スキル効果 あなたは『血清』ひとつを得て、自身のHPをX点だけ失う。
(これによってあなたのHPは0以下にはならない。)
Xはあなたの[VIT]に等しい。
これはあなたが戦闘可能である限りいつでも行う事ができる。
『血清』はあなたの所持する消耗品として扱われ、所持した状態の『血清』は1時間経つと失われる。
レベル補正
■概要


《朽縄の血》

絡みつく流血を飛ばし攻撃を強化する。
最大レベル レベル3
タイミング ラピッド:あなたが攻撃判定ひとつを発生させたとき
判定種別 判定なし
スキル効果 このスキルを宣言するための追加コストとして、血清をX個だけ消費する。
その攻撃判定の出目に+Xする。
Xはこのスキルの習得レベルに等しい。
レベル補正
■概要


《マングースの血》

流血を用いて自身の攻撃に特殊な庇護を纏わせる技術。
最大レベル レベル1
タイミング パッシブ
判定種別 判定なし
スキル効果 あなたはいずれかのスキルを宣言するための追加コストとして、血清をひとつ消費してもよい。
そうしたなら、そのスキルは他のラピッドスキルを誘発させない。
レベル補正
■概要


《猟犬の血》

強い匂いを残す流血を用いて索敵、探索を行う技術。
最大レベル レベル3
タイミング パッシブ
判定種別 判定なし
スキル効果 あなたがいずれかの索敵判定または探索判定を行うに際し、追加で血清をひとつ消費してもよい。
そうしたなら、その達成値に+X点の修整を与える。
Xはこのスキルの習得レベルに3を足した値である。
レベル補正
■概要


《残響する呪詛》

呪詛を込めた血溜まりを操作し敵を襲う技術。
最大レベル レベル1
タイミング パッシブ
判定種別 判定なし
スキル効果 ラウンド終了時、あなたと同じ戦列にいるキャラクター1体を対象とする。
あなたがこのラウンド中に血清を消費しているなら、それにX点のダメージを与えてもよい。
Xはこのターンに消費した血清の数だけ1dを行った値に等しい。
レベル補正
■概要


《飢え、または渇き》

流血に特定の恨みを込めて射出する。
最大レベル レベル1
タイミング ラピッド:あなたがいずれかの攻撃判定に成功したとき
判定種別 判定なし
スキル効果 このスキルを宣言するための追加コストとして、血清をひとつまたは2つ消費する。
あなたは以下からひとつを行う。
血清を2つ消費している場合、代わりに2つを行う。
「増強Xを行う。Xはあなたの【器用】に等しい。」
「あなたのHPをX点回復する。Xはあなたの【器用】に等しい。」
レベル補正
■概要


《殉教の儀式》

自身の肉体を極限まで削ぎ落とし、力を得る技術。
最大レベル レベル1
タイミング アクティブ
判定種別 判定なし
スキル効果 あなたのHPを1にする。
あなたは『純血清』をX個だけ得る。
Xはこのスキルの習得レベルに等しい。
『純血清』は『血清』と同様に扱われ、これを消費する場合『血清』2つ分として扱う。
レベル補正
■概要



コメント:

すべてのコメントを見る