メニュー2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岡本氏、櫻井氏、イーストマン本人、GHQが共同でイーストマンA-2を
作ったのが86年頃。マッシュがイーストマンを扱うようになったのが
90年前後。フライングレザーA-2を作りだしたのは92年頃から。
コンバットマガジンの広告は94年途中まで。

旧リアルマッコイズ(リアルマッコイズジャパン)
ゲイリー・イーストマン、岐阜のGHQと桜井さん
岡本さんの4人で イーストマンA-2を企画・初輸入し、
そこから枝分かれして マッコイが生まれた。
その後イーストマンと入れ替わりで現フェローズ代表の
志村さんが参加。
1988年創業
2001年6月民事再生法申請で事実上の倒産
EASTMAN http://www.eastmanleather.com/(1985年創業)
GHQ http://homepage3.nifty.com/ghq-fl/(閉鎖)
フェローズ http://www.pherrows.com/(1991年設立)

新生リアルマッコイズ(リアルマッコイズインターナショナル)
倒産した旧リアルマッコイズを大手特約店ナイロンが引き継ぐ。
リアルマッコイズ http://www.realmccoys.co.jp/(2003年)

トイズマッコイ
リアルマッコイズ創業者岡本氏のオリジナルブランド
誕生は1990年代半ば。(マックイーンフィギュアを発売)
ナイロンマッコイの経営に加わるものの、2005年にTシャツやFJを
発売しナイロンマッコイと対立関係(?)に。
トイズマッコイ http://www.toys-mccoy.com/

THE FEW
旧マッコイズのレザーFJ、ライダースなどを製作していた
マッコイズ ニュージーランドが旧マッコイズ倒産後に出した
オリジナルブランド。
THE FEW http://www.thefewmfg.com/

東洋とマッコイの協力でバズが生まれる
当時のマッコイにはナイロンFJのノウハウがなかったから
マッコイのほうから東洋に依頼しバズリクソンズが誕生
マッコイとの協力終了後も東洋はバズリクソンズを継続し現在に至る
東洋のフライトジャケット1stモデルはシュガーケーンネームのB-15
Buzz Ricksons http://www.toyo-enterprise.co.jp/(1965年設立)