うさぎ家

オルドル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オルドル



「剣を取るといい。君達が本当に生存すべき種族なら、俺の剣如きで滅びはしないだろう。」
「? 使える者を頼ってはいけなかったか?」

Ordre <オルドル>
コバルオン♂寄/27歳/178cm/一人称:俺

オリジンの一支部、『オルドル支部』の支部長。
とても理論的に物を考えるが、その分感情が起伏が鈍い。
理屈で納得出来なければ歯に衣着せず物申し、納得できれば世間体度外視で受け入れる。
人間関係も好き嫌いというより、興味を持った人間とだけ付き合う傾向。

適応石は橙色。剣の束に嵌めて装備している。
発動すると剣を巨大化・硬度強化させ、物理攻撃を弾く盾にできる。
剣は勿論巨大化させなくても使用可。その腕前はかなりのもの。
サイズ調整は自由。どれだけ巨大化しても石の適応者なら元の剣と同じ軽さで扱える。
(※但し手を離してしまうとすぐに元サイズに戻る)

古来から要人を護る騎士の名家に生まれた。
最近は色違いのSPとなる事が多いが、彼らが守るに値する者か疑問を抱く。
それを確かめる為に家を出てオリジンに入った。
自分や策や剣を振るっても、滅びない種族なのか確かめたい。

極端に色違いを嫌うアルヘオに興味を持ち、支部ぐるみで付き合いがある。
アルヘオ支部を敬遠する周りの風潮はどうでもいいらしい。
また、同じく敬遠されているメルとも付き合いがある。
その強さを淡々と認め、必要な時には協力を要請する。


登場話

(新しい順)