属性


属性ごとの効果

マイナスの属性値をつけると逆の性能が付与される。

材料名 攻撃 防御 命中 回避 耐久
大きさ ↓↓
重さ ↑↑ ↓↓ ↓↓
硬さ ↑↑
厚み ↓↓
切れ味 ↑↑
刃の長さ

属性値ごとの名称

材料名 -100 -99~-80 -79~-40 -39~-20 -19~-1 1~19 20~39 40~79 80~99 100
大きさ アリ並の大きさ 手のひらに収まる 超小さい 小さい やや小 やや大 大きい 巨大 大木ほどもある 家ほどに大きい
重さ 羽根のような 箸よりも軽い 超軽い 軽い やや軽 やや重 重い 重量級 超重量 ゾウ並に重い
硬さ 触ると壊れる 豆腐並の脆さ やたらとしなる 脆い やや脆 やや硬 硬い 硬質 超硬質 伝説の硬さ
厚み 糸のような 極細 スマート 細身 やや細 やや厚 厚い ブ厚い ごんぶと 辞書より厚い
切れ味 ほとんど鈍器 大根も切れない なまくら 鈍い やや鈍 やや鋭 鋭い 業物 大業物 切れぬものなし
刃の長さ 刀身なし がっかり 超短い 短い やや短 やや長 長い 超長い 全長5m 全長10m
ダメージがまともに通るのであれば、小さい武器や軽い武器は一撃が重いタイプの敵と戦う際に重宝する。
属性値は売値も変動させるが、触ると壊れるだと+1500両なのに対しほとんど鈍器だと-125両などと変動額は属性ごとに違う。

属性ごとの武器性能補正値(詳細)

大きさ
+ ...
重さ
+ ...
硬さ
+ ...
厚み
+ ...
切れ味
+ ...
刃の長さ
+ ...
同じ名称であれば、属性値によって変化はない模様。


属性ごとの素材一覧表

大きさ
素材レベル 名前
1 木材 木の枝 おにぎり
2 大根
3 緋国杉 丸太 不屈の蛙 武芸の書1
4 緋国樫 打ち出の小槌
5 聖木 木(原寸)
重さ
素材レベル 名前
1 岩石
2
3 体力の腕輪 扇子 鳥の濡れ羽
4 亀の甲羅 天狗の羽根 撤しの極意
5 最高級の布 飛行石 人魚の肝
硬さ
素材レベル 名前
1
2 ゼリー こんにゃく
3 鉄鉱石 粘土 スライム ゲル状の何か
4 黒曜石 加速装置 河童の皿 猪の革 超合金
5 聖銀 金剛石 石英 光る竹
厚み
素材レベル 名前
1 砂鉄 あるみほいる しいたけ
2 鬼の角
3 半紙 豪勢な紙
4 武器破壊の書
5 最高級の紙
切れ味
素材レベル 名前
1
2 獣牙 砥石 武術入門書
3 海水 武芸の書2 武芸の書3
4 松茸 ハサミ たこわさ
5 龍牙 玉鋼 聖水 龍の鱗 怨霊球
刃の長さ
素材レベル 名前
1 定規 眼鏡
2
3 物差し 魔法石 反撃の刃
4 脚斬りの書
5 巻尺


属性値のあれこれ

武器を作る時の属性値は属性に対応する素材の±(レベル×20)の範囲で変化するが、
武器を鍛える場合は現在の属性値±20の後、絶対値が素材レベル*20までに調整される。
例えば武器の切れ味が0の場合にはレベル1の水を使おうがレベル5の聖水を使おうが±20の範囲になるが、
切れ味が60の時だとレベル5の聖水は40~80の範囲になるが、レベル1の水は20にしかならない。
このため、鍛える時には現在の属性値に応じたレベルの素材を使いたい。

ちなみに、低レベルの素材で絶対値の補正がかかる事を利用して
属性値-80以下の「大根も切れない」や「豆腐並の脆さ」の武器をレベル1素材の水や石で鍛えなおせば
切れ味-20の「鈍い」や硬さ-20の「脆い」までは回復することができる。
いい技能はついたがなまくらだったときなどに検討しよう。