※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ゲーム概要」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ゲーム概要」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #contents()
 ----
 基本無料+部分課金のソーシャルスタイルの本格的MMO RPG。
 複数の言語に対応しているが、残念ながら日本語は未対応。(将来対応する予定はある)
 見下ろし型で次々出現するザコ敵をなぎ倒していくARPG形式。
 派手なエフェクトの攻撃を乱射するため、PCに要求される性能は高め。広いMAPに入った直後等はラグ必至。
 PC環境と相談しながら[[設定>オプション解説]]を調整しよう。
+
+&bold(){家庭用ゲーム機への移植も進行中。}現在PS4でクローズドβテストが行われている。XBOX ONEも予定あり。
+ただし、PC版から内容を削った物になっていて、UIもかなり違い、双方でサーバーを共有する予定は無いものと思われる。
 //おそらくは、「マーベル・アルティメット・アライアンス」系のRPGシリーズをベースとして制作したと思われる。
 //システム面も踏襲した点が多く、見下ろし型で次々出現するザコ敵をなぎ倒していくARPG形式。
 
 敵と戦いアイテムを収集・厳選していく典型的な「ハック&スラッシュ」RPGであり、PTを組まずともその場にいる他のプレイヤーと共闘可能。
 内容は非常に本格的で、ARPGの名作「ディアブロ2」のスタッフが移籍して当作を制作している。
 
 
 **概要
-敵を倒すと、資金、回復オーブ、装備品等の各種アイテムをドロップする。
+現在ストーリーは完結しておらず、チャプター10までのストーリーを終えたら、後は各々好きなように自分を鍛え、様々なモードに挑んで楽しむ形になっている。
+レベル上限への到達は極めて容易で、ストーリークリアの難易度も非常に低く、システムを深く知らなくとも、適当にやっていればクリア可能。
+その後はひたすら鍛えてオンスロート打倒を目指すもよし、対戦モードに挑戦するもよし、実績や称号を狙うもよし、自分で目的を作って遊んでいこう。
+敷居は低く、奥は深く、何をやるべきかの強制要素等も殆ど無く、軽いプレイ感覚で楽しめる。
+
+ゲーム中、敵を倒すと、資金、回復オーブ、装備品、等の各種アイテムをドロップする。
 &bold(){ドロップするアイテムは全て自分用}であり、他のプレイヤーに見える事もないので、奪い合いになる心配はない。
 (ただし、捨てたアイテムは他のプレイヤーにも見える/拾えるようになる)
 パーティーに誘うには、Oキーのメニューから選択。フレンドリストと付近のプレイヤーのリストが表示される。
 キャラをCtrl+左クリックで直接勧誘も可能。 ※詳しくは[[操作方法]]で。
 パーティーチャットや全体チャット(LFG)は、カスタマイズ可能なチャットのタブで切り替えて使用する。
 
 パーティーを組んだ後は、画面左上のメンバーアイコンを右クリックして「teleport」を選択すれば、そのメンバーのいる場所へワープできる。
 別のMAPにいようと問題なくテレポートできるし、別のサーバーにいる相手と組んだ際は、サーバー移動のためのポータルが開く。
 パーティーから離脱する際は、PTメンバーリスト左上のマウスマークを右クリック。
 
 各チャプターで拠点となる「Hub」エリアでは味方NPCがアイテム売買・合成を行なってくれる。
 NPCは主に「ウェポンベンダー(武器屋)」「ギアベンダー(防具屋)」「クラフター」「エンチャンター」の四種がいる。
 これらのNPCにはアイテムの売買の他、話しかけた後にアイコンにドラッグ&ドロップする事で&bold(){アイテムを「投資(Donate)」して育てる}事が可能。
 投資でランクUPしていけばサービス内容がグレードアップする。
 特に「Crafter」は、ランクアップする度に、[[アイテム合成>クラフト]]レシピが追加されていく重要なNPC。
 クラフター同士、武器屋同士等、タイプが同じであればキャラが変わっても投資レベルは共通。
 気に入らないキャラ相手でも出し惜しみしなくてOK。
 
 各章ごとに挟まれるストーリーデモムービーはモーションコミックで表現され、オプションで英語字幕も出せる。
 ローディング中には、ゲーム機能の紹介と、MARVEL原作に関する豆知識テキストが流れる。
 使用中のキャラや今いるエリアに関する話がランダムで登場。
 
 
 **装備・アイテムシステム
 装備の大体の強さは、名前の色で判断できる。
 白、緑、青、紫、黄、茶 の準に弱い→強いアイテムとなっており、ランダムに追加効果が付き、レアな程効果の数が多くなる。
 ただし、茶(Unique)装備は性能の低い物が出る事もある。 
 
 &ref(stats.png)
 |1|ヒーロー名|使用中のキャラクターの名前 繰り返し育成する事で文字色が変わる|
 |2|ステータスタブ|HERO>この画面の表示 STATS>詳細な数値に切り替え BIO>原作設定の紹介|
 |3|能力値(Attribute)|ヒーローの基本的性能 各能力値にカーソルを合わせると詳細が表示される|
 |4|戦闘力の概略数値|上から、レベル、防御力の大まかな表示、攻撃力の大まかな表示|
 |5|称号(Title)|プレイヤー名の下に表示する称号 様々な条件を達成する事で獲得していく|
 |6|アーティファクト(Artifact)|それぞれ固有の能力を持つ特殊アイテム|
 |7|メダル(Medallion)|ボスが落とす、それぞれ固有の能力を持つメダル|
 |8|レリック(Relic)|ゲーム中度々落ちるアイテム 1000個まで重ねて効果UP可能|
 |9|ウル(Uru)|ルーンを組み合わせて様々な効果を発動可能な装備|
 |10|レジェンダリー(Legendary)|経験値を溜める事で育つ装備|
 |11|リング(Ring)|ランダムな効果を持つ指輪装備|
 |12|ギア(Gear)|ランダムな効果を持つ武器・防具の装備|
 |13|コスチューム(Costume)|衣装 外見を変える|
 |14|カタリスト(Catalyst)|触媒 ランダムな効果を持つ 視覚効果を加える事も可能|
 |15|インシグニア(Insignia)|記章 固有効果とランダム効果を持つ 原作設定によって装備可能な種別が決まる|
 |16|フローリッシュ(Flourish)|装飾 使用すると視覚効果を発動|
 |17|ペット(Pet)|お供 付いてくるだけの飾り サイバネティクスによりプレイヤー強化効果を獲得する|
 |18|インベントリー|入手したアイテムがここに入る|
 |19|インベントリータブ|カレンシータブとインベントリータブを切り替え、表示を変更する|
 |20|カレンシータブ|報酬と交換するための通貨アイテムなど、インベントリーに入らず、数値として溜まる|
 |21|G|課金する事で溜まる通貨 課金以外では入手不可能|
 |22|所持金(Credit)|ゲーム内の資金|
 |23|所属|マークにカーソルを合わせると原作でどのチームに属していたかが分かる|
 |24|チームアップヒーロー|プレイヤーと共に戦ってくれるNPCヒーロー|
 
 
 各ヒーローごとにスロット1~5の武器&防具五種の「&bold(){ギア}」と、
 「[[&bold(){メダル}>メダル]]」「[[&bold(){アーフィファクト}>アーティファクト]]×4箇所」「[[&bold(){レリック}>レリック一覧]]」「[[&bold(){ウル}>ウル&ルーン]]」「[[&bold(){リング}>リング]]」「[[&bold(){レジェンダリー}>レジェンダリーアイテム]]」
 「&bold(){コスチューム}」「[[&bold(){インシグニア}>インシグニア]]」「[[&bold(){ペット}>ペット]]」
 合計16箇所の装備スロットが存在。
 
 基本的に出現するのは自分の使用キャラクター用の装備品だが、低い確率で他キャラの装備も出現する。
 各装備は、効果固定の物であれ、その&bold(){性能数値はランダム}。
 一度手に入れた装備でも、より良い物が手に入るまでトレジャーハントやクラフトを繰り返す事になる。
 //「コスチューム」は最初から装備している他、課金で様々な衣装を増やせる。クラフトで効果を付加可能。
 //「[[アーティファクト]]」は等級を持たない効果固定のアイテム。スロットに強化アイテムも付けられる。
 //「[[ウル>ウル&ルーン]]」はルーンを合成する事で様々な効果を選択して発動できる装備。
 //「[[メダル]]」はボスキャラクターが落とす効果固定アイテム。
 //「[[レリック>レリック一覧]]」は、同じレリックなら最大1000個までスタックできる『重ねて育つ装備』。
 //「[[インシグニア]]」は原作コミックで所属しているチームによって装備可能な品が変わるオーラアイテム。
 //「[[レジェンダリー>レジェンダリーアイテム]]」はクエスト報酬アイテムと交換に入手できる、超強力な『経験値で育つ装備』。
 //「[[ペット]]」はアイテムを与える事で様々な能力を習得させていく事ができる。
 
 敵が落とすアイテムには、装備や資金の他に、合成素材アイテム「[[エレメント]]」が頻繁に出現する。
 初期段階ではクラフターも微妙な強化薬くらいしか作れないが、成長すれば様々な強化手段や便利な機能が追加されていき、そこで素材を要求される事となる。
 他に、装備品の再抽選等で使う希少素材も稀に敵が落とす。
 
 ドロップする装備アイテムは[[オプション>オプション解説]]で自動吸収し、[[ペット]]に与えるように設定できる。
 
 所持アイテムは全マイキャラで共有。倉庫は初期状態では共有倉庫が一つあるのみ。
 ゲーム内課金通貨で、共有倉庫の拡張や各キャラ専用倉庫を[[購入できる>課金でできること]]。
 &bold(){ここのみ課金推奨}、というかほぼ必須。無課金で続けるのは苦行。
 
 **戦闘システム関連
 ストーリーモードでは章ごとに幾つかのフィールドが用意されており、そこでは不特定多数の味方と協力して戦う事が出来る。
 
 敵や宝箱からは頻繁にオーブが出現する。
 |BGCOLOR(#CCCCCC):&color(red){赤}:体力(Health)回復|BGCOLOR(#CCCCCC):&color(#0000ff){青}:リソース(Spirit等)回復|BGCOLOR(#CCCCCC):&color(#9900ff){紫}:両方回復|BGCOLOR(#CCCCCC):&color(#00ff00){緑}:経験値|BGCOLOR(#CCCCCC):&color(#ffff00){茶}:特殊な経験値|虹色:インフィニティ経験値|
 オーブは時間経過で小さくなっていき、やがて消える。
 経験値オーブは自分専用なので奪い合いの心配はないが、他の回復オーブは味方と共有。
 
 パワー(いわゆるスキル)を使用して減ったリソースは、基本的にはパワーを使わないでいると自動回復する。
 リソースはキャラによって仕組みが異なり、回復しなかったり、増減の仕方が違ったりと様々なものがある。
 ヘルスは基本的には自動回復しない。 回復薬も10秒に一度しか使えない。
 装備に付く効果やキャラの能力には回復効果を持つ物も多く、そういった装備・パワーを上手く組み込む事で効率よく戦えるようになる。
 
 //LVUP毎に2~3ポイント(&bold(){非}ランダム)ずつパワー取得・強化用のポイントを獲得。各パワーに最大20まで割り振る事が出来る。
 //1つのパワーに割り振れる上限はLVで制限されているので、特定のパワーのみに特化して鍛える事はできない。
 レベルが上がると様々なパワーが解禁され、Lv30でそのキャラの切り札であるSignatureパワーが習得できる。、
 使用するパワーはPキーのメニューから画面下部のスロットに入れて切り替えが可能。
 パワーの配置は非戦闘時であればいつでも再変更可能。
 32レベルからは5つのタレント(Talent)を順次習得していき、それぞれ3つの中から一つを選んで発動する。
 各キャラの超必殺技的なパワー「ULTIMATE」はLV60で習得できるようになっている。
 
 敵に囲まれると移動できずボコられやすいが、そういう時のための移動パワー(ダッシュ、ジャンプ、飛行、テレポート等)が各キャラに用意されているので、必ずスロットに入れておこう。
 初期状態だと右クリックに配置されており、基本的に3回までしか使えず、時間経過で使用回数がチャージされる。
 これらダッシュ移動系のパワーは状態異常を解除する効果もあるので、ピンチの時は使いきらないようにしておきたい。
+10LVになると、隙は大きいが無消費で高速移動出来る「トラベルパワー」と呼ばれる移動技を必ず習得する仕組みになっているので、長距離移動の際には利用していきたい。
 
 フィールドを進んでいくと、ドアや洞窟などの入り口があり、入ると自分だけで戦う事になる。
 各フィールドには複数のミニエリア(洞窟・倉庫など)が存在し、強化されたザコ敵と、宝箱が必ず配置されている。
 他のプレイヤーと同じタイミングでエリアに入る事で自動的にパーティーが組まれる(設定でOFF可能)。
 特定エリアの奥にはボスが待ち受けており、倒す事でミッションが進み、次のチャプターへと進める。
 ストーリーミッションをこなす事でパワーポイント、ステータス、アイテム、等々の[[各種報酬>http://www57.atwiki.jp/marvelheroes/pages/66.html]]も貰える。
 現在全10チャプター+αが用意されている。
 簡単すぎると感じるなら、難易度を上げる事も可能。
 クリア後向けの難易度の高い[[各種モード>エンドゲーム]]も用意されている。
 //通常難易度での適正レベル帯(フォーラムより)
 // Chapter 1 - levels 2-6 
 // Chapter 2 - levels 6-10 
 // Chapter 3 - levels 10-13 
 // Chapter 4 - levels 13-16 
 // Chapter 5 - levels 16-19 
 // Chapter 6 - levels 19-21 
 // Chapter 7 - levels 21-23 
 // Chapter 8 - levels 23-25 
 
 [[各種モード>エンドゲーム]]はLvや、ボス撃破等の条件で開放され、対人戦、防衛戦、パトロールモード、レイドモード、等に挑む事ができる。
 クリア後はこちらがメインとなるが、恒久的に能力UPする報酬も多いので、各キャラで一度はストーリーミッションを一通り済ませておいた方が良い。
+&bold(){ストーリーミツションの報酬は経験値効率が非常に高い}、という点は覚えておこう。
 
 &bold(){死亡しても}スタート地点や部屋の入り口に戻されるだけで、基本的には&bold(){デメリットは無い}。([[小ネタ・テク]]の項参照)
 死亡すると、頭上に女神デスの顔が浮かび、一定時間内に他のプレイヤーが蘇生作業を行う事も可能で、蘇生が成功すればその場で復活できる。
 一定時間経つか、自発的に諦める事で自動的に直近の復活ポイントに飛ばされる。
 
 
 特定エリア以外の全エリアで、右上の家のマークをクリック(もしくはBキー)でワープ装置「ボディスライド」を使用可能。
 短時間の溜めの後、どこからでも基地に帰還できる。基地で再使用すると元いた場所に戻る。
 ただし、一度使うと再使用まで一定時間が必要。
 
 **もっと知りたい!
 ゲーム全体の流れをもっと詳しく知りたいなら、[[初心者ガイド]]を見てみよう。
 各キャラクターの大まかな性能・使用感も簡単なリストで紹介している。
 
 何をどうすればいいのか分からなくなったら、[[最強への道]]で強化方法を探ってみたり、[[エンドゲーム]]を見て様々なモードに挑戦してみよう。
 
 まずはストーリーモードを楽しみながら、奥深いゲームシステムに少しずつ慣れていこう。
 [[取り返しの付かない事>http://www57.atwiki.jp/marvelheroes/pages/55.html#id_06518a99]]はあまりないので、気軽にチャレンジ!