骨をもういっぽん……


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




              「夜ごと夢にでてくるのは、ブラッシングしてくれたあなた。
               ここは寒いし、人生はむなしい……。
               誰からも見捨てられた、独りぼっちのあたし。
               街角の影にすぎないあたし……」

               ダイ、ダイダイ、ダイダイダイ、ダイダイダイダイ♪
               ダイダ、ダイダイ、ダイダイ♪

              「あたしは悲しい。はるか遠いあの家。
               あたしが生まれ育った、あの家が懐かしい
               夜ごと思いだすのは、あなたの優しい声。
               あなたからもう一本、骨が欲しい・・・・・」

               ダイ、ダイダイ、ダイダイダイ、ダイダイダイダイ、
               ダイ、ダイダイ、ダイダイダイダ、ダイダイダイダイ……♪

               「もう1本、ちょうだい……」