ダイエットレシピ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイエットレシピなどを紹介


  • キャベツダイエット
このダイエット法は、食事の前に生のキャベツをよく噛んで食べるというものです。ノンオイルドレッシングぐらいならかけてもよいでしょう。毎食前に10分間噛んで食べるのです。時間をかけてよく噛むことがポイント。これにより脳の満腹中枢が刺激されます。ですから、食事量が少なくてもお腹がいっぱいだと感じられ、食べすぎを防ぐことができるというわけです。

  • 黒糖バナナ酢ダイエット
糖の吸収を抑える効果がある黒糖を利用したダイエットです。黒糖というと、糖分が多く、ダイエットには向かない食品と思われがちですが、黒糖に含まれるフェニルグルコシドという成分は、糖の吸収を抑える働きがあるのです。また、ミネラルが多いのも黒糖の大きな特徴です。ミネラルは、脂肪を燃やすとき、ガソリンのような役割を果たす成分。これがないと脂肪は効率よく燃えてくれません。

  • グレープフルーツダイエット
ルールは、朝食と夕食のかわりにグレープフルーツを1つ食べたあと、コップ1杯の豆乳を飲むだけです。足りなければ、生野菜のサラダを好きなだけ食べてください。夕食のときは、メインディッシュである肉や魚も食べてOK。お昼ごはんは、好きなものを好きなだけ食べてかまいません。グレープフルーツの独特の苦味成分である、フラボノイドの一種「ナリンギン」の働きが、食欲を抑え、少量の食事でも満腹感を得られます。つまり、グレープフルーツダイエットなら、摂取カロリーを減らしても、満腹感を得られるので、ダイエット特有の空腹感に打ち勝てるのです。

  • 栄養たっぷりバナナジュースダイエット
バナナを2本、牛乳400ml、ヨーグルト200g、卵を1つ、そして氷3個をミキサーに入れてスイッチオン。これだけで完成。卵はお好みで。バナナは筋を取ったほうが美味しいかもしれません。3食のうち1回をこのバナナジュースに変えるだけでダイエットできます。

  • カレーキャベツライス
カレー、ご飯、キャベツ(粗みじん切り200g)、ニンニク(みじん切り1片)、オリーブオイル(大さじ1)で2人前分です。フライパンを火にかけ、オリーブオイルをひいて温め、ニンニクを入れて、香りがでてきたらキャベツとご飯を炒めます。ご飯がパラパラになって、火が通ったらお皿に盛りつけ、作っておいたカレールーをかけて完成。ごはんにキャベツを混ぜて、単純に量を増やすという方法。キャベツを混ぜているためカロリーも控えめですし、食物繊維もたっぷりです。ちなみにカロリーは約380kcalです。