※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(GM): 本日は、りゅうたまセッションにご参加いただきありがとうございます。
(GM): 初セッションですので、さいしょに自己紹介からやっていきたいと思います。
(GM): まずはわたくし、熊こと分身である竜人の名前はウーヴルーズ
(GM): 意味はフランス語で劇場案内人から名前をとっております。
(GM): “緑の竜”で、今回持ち込みますアーティファクトは〝六分儀”です。
(GM): 化身の姿は、三本足の大鴉。
(GM): 物語は面白くさえできればいいと考えているところがあり、
(GM): 旅人や人間の事はすこし見下している感のある、ちょっと性格が悪い竜です。
(GM): 四季竜を溺愛しています。
(GM): こんな奴はぜひとも見返してやりましょう。そうしましょう。

ウーヴルーズ(GM): では、PCの自己紹介にうつろうと思います。
ウーヴルーズ(GM): まず一番手は、ダルク・アストラエアからどうぞ。

はらだ@ダルク: では、ぼくからですな。どうも、はらだです。
PC名はダルク・アストラエア

はらだ@ダルク: アヴリルの北部に領地を持つ貴族アストラエア家の嫡子。
はらだ@ダルク: 御年15歳、この家ではちょうど成人という感じです
はらだ@ダルク: 紫がかった黒髪と、青みがかった紫色の瞳。あと肌は白い
はらだ@ダルク: 民を守ることが貴族たるものの勤めと信じており、善良でお人よし
はらだ@ダルク: アストラエア家は古い歴史を持つ名門ではありますが
はらだ@ダルク: ぶっちゃけるとクソ貧乏です。
はらだ@ダルク: その原因であるのが、彼の持つ呪われた剣『アストラエア』
はらだ@ダルク: これがある限り一族は皆冷や飯食いを余儀なくされてしまうので
はらだ@ダルク: 正しい方法で捨て去ることが彼の旅の目的です。
はらだ@ダルク: こんな感じですかね。

ウーヴルーズ(GM): ありがとうございます。使命が果たせるといいですねぇ。
ウーヴルーズ(GM): では二番手、フィロ・ルディオ 自己紹介どうぞ。

わなげ@フィロ: はぁーい。 リリカルマジカル魔法が好き。わなげです。
わなげ@フィロ: PC名はフィロ・ルディオ
わなげ@フィロ: マルディ村に住む薬師です。赤毛のばさばさっとした感じの髪(洗ってるけど整髪剤使ってない)、焦げ茶色のくすんだ瞳の少女。 物腰自信なさげ。

わなげ@フィロ: 色々過去にあってマルディ村にやってきて、その知識を生かして薬草採りをしたり、薬を作ってたりしたんですけれどもね

わなげ@フィロ: 兄妹がですね、多くてですね
わなげ@フィロ: 「お姉ちゃんはもう成人だよね?」
「え?」
「ね?」
「あ、う、うん…」

わなげ@フィロ: 旅に出ました
わなげ@フィロ: お金を稼いでそれを仕送りし、十分な額になったら帰ってきても良いよという手紙がくることになっています
わなげ@フィロ: それまではおどおどしながらお金を稼ぐべく、外の街に出稼ぎにいってますよ。
わなげ@フィロ: ただ、親は帰ってきても良いよという手紙を送る気がありません
わなげ@フィロ: 口減らしオンライン
わなげ@フィロ: ということで、いつも薬草のつんとする鮮烈とした感じの衣服きてます。よろしくおねがいします

ウーヴルーズ(GM): ワタクシ、人間にはあまり感情移入しないのですがちょっと胸が痛みましたよ。(ほろり)
ウーヴルーズ(GM): 良き旅がおくれますよう。
ウーヴルーズ(GM): では三番手、リンネアどうぞ。

あやくら@リンネア: あい。あやくらですどうも。
PC名リンネア。姓はノーリーズなのですが、自らポイ捨てしたので名しかありません。

あやくら@リンネア: マルディ村の、クモアルパカの毛で服飾品を作る職人の家に生まれた一人娘です。

あやくら@リンネア: 赤茶のミディアムストレートヘアに、黒い目。容姿は十人並みです。人混みに埋没したら滅多に見つからないレベルでノン特徴

あやくら@リンネア: しかし中身は肝っ玉の据わった野心家です。
あやくら@リンネア: 「私はこんな田舎で終わる女じゃない」と常々口にしており、その度に若気の至りと笑われてきたのですが

あやくら@リンネア: 至りすぎて家出同然に旅に出ました。夢はでっかく一国の主です。裏から操るとかでもいいようです。

あやくら@リンネア: とりあえずどんな手を使ってでも、成り上がってやんよみたいな感じで旅してます

あやくら@リンネア: 連れてる動物はクモアルパカのわたあめ。リンネアに一番懐いていた子が、家出のときにどうしてもついてくるって聞かなかったのでつれてます

あやくら@リンネア: クソうるせえです。
あやくら@リンネア: おわり。よろしくおねがいします

ウーヴルーズ(GM): 野心家ですねぇ。了解です。ああ、設定的に使えそうなので、わたあめさんの毛は春~夏の間に毛刈りをすることで一つ素材を得れる事にしましょうか。

ウーヴルーズ(GM): では、最後。オズ・レッドフィールドどうぞ。

きさらぎ@オズ: きさらぎです。よろしくおねがいします。
PCはオズ・レッドフィールド。11歳/男でハンター/アタックです。

きさらぎ@オズ: 飛竜や運搬用の竜を捕獲し、育てる里・ラナドの出身。大家族の末っ子です。
髪は濡羽色、瞳は紺瑠璃。少し長めの髪を明るめの色のバンダナでまとめて、鳥の羽根のアクセサリーをつけています。
夢に夢見る年頃で、ポジティブ思考。明るくあっけらかんとしています。深く物事を考えずに直感で行動するタイプ。

きさらぎ@オズ: ある日、海の夢を見たことが切欠で、海みてえ!呼ばれてる!と謎の直感に誘われて、相棒の荷運び竜フィーと里を飛び出してきました。
里を出る時に、ついでに祖父の形見である壊れた剣も持ってきました。

きさらぎ@オズ: この剣は、持ち主を徐々に竜の姿へと変える呪いが付属しています。今のところ変化スピードが鈍重なのであんまり気にしていません。
現状は剣を抜くことが出来ず、いつか剣が抜ける時に持ち主は竜に変わると言われています。なったらなったでかっけえ!と思ってます

きさらぎ@オズ: ラナドは狩猟民族の郷なので、基本的に服がださかったり獣臭かったりします。が、本人あんまり気にせず、海をみるために旅をしております。

きさらぎ@オズ: 荷運び竜のフィーは、卵を毛布で暖めようとして兄ちゃんに殴られながら生まれるのを見守った中です。だいたい腹を減らしてるので腹の虫がうるさいです

きさらぎ@オズ: と、いうかんじで。長くなってしまいましたがよろしくお願いしますー。以上です
@ウーヴルーズ(GM): ありがとうございます。オズ少年は無事に海を見る事ができるのでしょうか。それとも竜になってしまうほうが先なのか―――
.
ウーヴルーズ(GM): 全員の自己紹介が終わりましたので、本編に入っていこうと思います。