※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世界設定


あらすじ


誰も記憶していない遙かな昔、この世界には二つの種族が存在していた。

雲の上の遙かな高みに住み、至高の存在とされる『神』に従い、秩序の中に生きる『天人(シエーリア)』
深き大地の底に住み、己の欲望に従って思うがままに生きる『魔人(アンフェリア)』

二つの種族はお互いの存在を知らないまま、悠久の時を生きてきたが
空の高みに達したものは天人は下に降りて、地の深みに達した魔人は上に上っていき
互いの住処を拡大していった結果、彼等は出会う事となった。

彼等が互いを認識しあって争いに至るまで、時間は必要なかった。

秩序を尊びながら、組織や文化を積み上げていく天人達には、魔人の奔放なる生き方が理解できない。
欲望の赴くまま、力と知恵を振り絞る魔人達には、天人の無己な生き方が理解できない。

どちらが正しいのかと言う結論など出る筈もなく、二つの種族の争いは続いたが。
天人達の組織的な戦術に対して、魔人側は次第に劣勢になっていき。
負けたくないと願うが故に、魔人側もそれを覆す為の手段を練らざるえない状況になり。

考えた結果、彼等は天と地の交わる場所――『地上』に自分達の奴隷種族を放った。

魔人と同様に"姦淫"の欲を持ち、圧倒的な繁殖力で増えていく奴隷種族達。
天人と違い、誰かに命じられる必要も存在しない。
捨て駒であり、天人の攻勢からの生け垣としての役割を期待されたのだが

此処で誤算が生じる事になる。
奴隷種族のひとつである『人間』が天人に誑かされて反逆したのだ――

人間達は、魔人と同じ欲望と願望を根源とする奴隷種族でありながら
天人の教えにより、我欲と淫欲を悪とし、秩序と自己犠牲を善とする考え方を受け入れていき
気付く頃には『国家』をなし、教えを『宗教』として確立してしまっていた。
他の奴隷種族を邪悪な魔物と排斥し、地上を支配するまでにそう長い時間は掛からなかった――


不幸中の幸いと言える事は、欲望を根源とする人間達を天人も支配しきれなかった事だ。
長い年月を経て、天人の教えは移ろい揺らぎ、単なる迷信としか捉えない輩も数多く存在するのが現状である。
人間達は天人の、魔人の支配から離れ、どちら側でもない曖昧な存在になってしまった。

その現状を見た、幾ばくかの魔人達は地上に向け、地底の入り口を作り出す。
人間達が好む財宝と、肉体を支配する『姦淫』の性質を持つ奴隷種族達と数々の罠を張り巡らせて。

再び、奴隷種族としての本性を思いださせる為に。

『――邪悪なる魔物は滅するべし』
『――地下迷宮には、莫大な財宝が眠っている。』

こうして『冒険者』と呼ばれる人間達は、今日もまた迷宮の奥深くを目指していく。
それが自らを蜘蛛の巣に踏み込まんとする羽虫のような行為と知らずに。

魔人とその眷属たちの張り巡らせる罠に、冒険者たちが自ら嵌りに来る様子を見て、誰かが揶揄したのである。
        ナイトメア・ヘヴン
この世界は、"淫魔族の楽園"である――と。


ようこそ、NightmareHeavenの世界へ


冒険者達が迷宮に挑み、様々なモンスターやトラップを潜り抜け、財宝を手に入れる。
よくあるエロ要素を盛り込んだファンタジー系TRPGの世界にようこそ。
冒頭のあらすじの内容通り、天地の境界線上にある世界『地上』での冒険をするゲームになります。

天人、魔人が争った時代は遙かな昔話となり。
人間達が地上を支配して、彼等の意志に関係なく現在を生きる世界。

だが魔人達は再びその支配を取り戻すべく迷宮を生み出して人間達を誘います。
手駒である『姦淫』の性質を持った奴隷種族達を配置して、人間達に己の本性を思い出させようと。

皆さんは冒険者として、そんな世界を生きていく事になります。

種族について


基本的にプレイキャラクター(PC)は人間以外の種族は選択出来ませんが
この世界には様々な種族が混在して生活を続けています。

具体的に言うと亜人族、獣人族、妖精族、此処に魔人、天人が加わる形になります。
それぞれの種族に外見的な特徴があり、独自の文化を持っています。
冒険者として世界を廻る以上はこれらの種族と何らかの関係を築く事になるでしょう。

それが争い事であったとしても。