数詞


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

体言の指示対象の数を指定するには、数を示す機能語を付ける。
冠詞の右(内)に付けると全体数、左(外)に付けると部分数が示される。

基本的な数を示す機能語(PA類):
no(0)
pa(1)
re(2)
ci(3)
vo(4)
mu(5)
xa(6)
ze(7)
bi(8)
so(9)
ki'o(,000)
pi(小数点)
ce'i(%)
so'i(多数)
so'u(少数)
so'o(幾数)
ro(全数)

pano = pa no (10) ← 分けてもよい
panono (100)
panonono = pa ki'o = ki'ho (1,000) ← paを省いても1,000を意味する
re ki'o ki'o (2,000,000)
re ki'o civo ki'o = (2,034,000)
ci pi vomu (3.45)
vomu ce'i (45%)