陣形各種


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

陣形

 

4人陣形

3人陣形

2人陣形

 


 

4人陣形

           ①

           ②

           ③

           ④

補正なし

全くと言っていいほど使う利点はない。縦列攻撃が全体化するので他の陣形より圧倒的に損をしている。

縛りプレイの時以外にこの陣形を使う意味はない。

 

 

    ①         ③

 

    ②         ④

①・② 守備・耐魔上昇(約20%)

前衛2名の耐久が上昇する。反面、誰を狙われても横列・縦列の攻撃の被害が2名になるのが痛い。

単体狙いや全体攻撃の多い相手には役立つ陣形。

 

 

                ②

    ①          ③

                ④

① 攻撃・魔力・速力上昇(約20%) 守備・耐魔上昇(約10%)

前衛ワントップ陣形。後衛に縦列攻撃をもらうと被害が3名と結構痛い。また①or③を横列攻撃で狙われると2名に当たる。

ロイヤルアローやピラミッドパワーの方が使い勝手が良いので不遇な陣形。

 

 

       ②

     ①         ④

       ③

①・②・③ 守備・耐魔上昇(約10%)

④ 攻撃・魔力・速力上昇(約20%)

後衛ワントップ陣形。前衛に縦列攻撃で狙われると被害が3名、①or④を横列攻撃で狙われると2名に当たる。

魔法系の火力を活かしたいならこの陣形。前衛の耐久も上がっているので非常に強い陣形。

 

 

           ②

     ①         ④

           ③

① 守備・耐魔上昇(約20%)

④ 慈愛上昇(約20%)

インペリアルクロス 使い勝手は悪くないが能力上昇が微妙。

スクウェアシールドほどではないが範囲攻撃で巻き添えになることが多い。

 

 

        ②

     ①

           ③

                 ④

全員 速力上昇(約10%)

デフォルト&主力で使っていける陣形。困った時はこの陣形で。強すぎたせいか、ミスタでは弱体化を受けてしまった。

マグネットの対象者は④に配置すること。縦列攻撃の巻き添えパターンは以下の通り

①が狙われた場合:①と②に当たる

②が狙われた場合:①と②と③に当たる

③が狙われた場合:②と③に当たる

④が狙われた場合:④のみに当たる

 

 

       ①

                  ③

        ②

                    ④

全員 攻撃・魔力上昇(約10%)

全員の火力を上げられるのでスピードウイングとは別の意味で速攻に向く。

縦列攻撃の被害が必ず2名になるのが痛いか。

 

 

         ②

           ①        ④

         ③

① 全て上昇(約35%)

②・③・④ 全て低下(約10%)

作戦:おれにまかせろ 完全ワントップ。①以外の他のキャラはサポートに徹するのがこの陣形の基本。

コマンド『入替』は戦闘不能のキャラにはできないため、①のキャラが倒れないよう注意する必要がある。

 

 


3人陣形

         ①

         ②

         ③

補正なし

3人旅でさえ一種の縛りに近いのにこの陣形を使う意味があるのだろうか?

 

 

               ②

     ①

               ③

① 攻撃・魔力上昇(約20%) 守備・耐魔上昇(約10%)

火力上昇が大きいが速力は上昇しない。残念。

 

 

     ①

                ③

     ②

①・② 守備・耐磨上昇(約20%)

配置的な意味で4人陣形のスクウェアシールドより優れている。

 

 


2人陣形

         ①

         ②

補正なし

縦並び。相手に合わせてガーディアンと使い分けると良い。

 

 

 

      ①          ②

 

① 守備・耐魔上昇(約10%)

横並び。相手に合わせてスタンダードと使い分けると良い。