※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

水晶の夜とは
水晶の夜事件(すいしょうのよるじけん、ドイツ語: Kristallnacht(クリスタル・ナハト)) とは、
1938年11月9日夜から10日未明にかけてドイツの各地で発生した反ユダヤ主義暴動である。
ユダヤ人の住宅、商店地域、シナゴーグなどが次々と襲撃、放火された。
ナチ政権による「官製暴動」の疑惑も指摘されている。
事件当時は「帝国水晶の夜(Reichskristallnacht)」と呼ばれていた。
この事件によりドイツにおけるユダヤ人の立場は大幅に悪化し、後に起こるホロコーストへの転換点の一つとなった。
なお、水晶の夜という名前の由来は、
破壊されたガラスが月明かりに照らされて水晶のようにきらめいていたところにヨーゼフ・ゲッベルスが名付けた事にあるとされている。
Wikipedia 「水晶の夜」より引用

当サイトは、特定反日「日本人」と特定反日「外国人」が、
日本人の義憤により粛清される日が到来する事を願って開設・運営しております。
まあ、可能であれば国外追放ぐらいで終わってくれると嬉しいやも。
なんせ、彼奴ら「反日勢力」の血が、美しい日本の土地を穢す事になるわけだし…。