AB-102

製造社:ドボブラグ・オボロジェンツ
乗員:3人
全長:34.23m
全高:6.3m
動力:テストラニック製 スカーレット002フラドールファイトエンジン
機体タイプ:アタッカー
分類:STOL
ユニットコスト:2億322万ドル

ステルス爆撃機初のクローク搭載型爆撃機
可変翼式爆撃機であり爆撃する際は翼を広げて爆撃する
クロークを起動した状態でも爆撃は可能であり、強襲や奇襲に強い機体となっている
固定武装はないので護衛が必要なのは当たり前
実はこの機体ドボブラグ独特の設計により片羽が取れても後方胴体部分がもげても何とか安定して飛行できる設計になっているので従来の航空機とは違い無駄に洗礼された無駄のない航空機として活躍している