ギュラー

惑星ウルスラに住んでいる高度な知的生命体
ウルスラの言葉では「人の形」と言う意味がある

母星に移り住んだ金属生命体トトスに興味を持ち、トリトスタン王国一番の協力者である

元々は二種類しか存在しなかったが母星滅亡時に地球に逃げ込んだ際、野生型が突然変異しより凶暴になり手がつけられなくなる

野生型(キュリー)

ウルスラから古代より生きてきた動物、知性もそれなりに高く、学習しだいでは道具や言語を覚えることもある
見た目は地球に実際にいるゲッコーに近い
ウルスラの言葉では「太古の生命」の意味がある

変異型(ベリガン)

野生型が地球環境のせいなのか突如変異し、凶暴になり手が付けられなくなった者
全身が赤く膨れ上がっている
知性がかなり上がり、銃器や爆発物など軽く扱う
目が無くなり、代わりに聴力が大幅に上がり、超音波を発して反射で位置を確認するようになっている
ウルスラの言葉では「凶悪な畏怖」の意味がある

人間型(クロークン)

恐竜のようなカエルのような、そんな見た目をした二足歩行型生物
男女比率では女性が多い、そして柔らかい、その柔らかさに虜になったのが金属生命体のトトスと人類だけである
柔らかいのは通常時で戦闘時には体を硬化し、筋力を高める特性がある
ウルスラの言葉では「頂の知能」の意味がある