災厄戦

太陽系がある銀河が爆心地となった超大型宇宙戦争、規模は観測できない距離にある銀河まで相当した戦争
太陽系がある銀河内だけでも死者約4500億人を確認、消息、行方不明だけでも8550万人が確認されている

太陽系はなんとか最小限に被害を食い止めることが出来たが、それでも2億人が死亡している
攻めてきた敵はインセクトで、何が目的で襲撃したのかは未だに不明

太陽系連合軍、シュレガッド連邦軍、アブハ・ナグレドラ=インセクト離反軍が中心となり、1年間の激闘を繰り広げられた宇宙戦争
最終戦ではアーケルンが援軍に入り、遂にインセクトを壊滅させる
そして戦争が終結し、その半年後に残党を掃除するため、各地の銀河に飛んでいく