トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コーヒー(オランダ語: koffie[1] /?k?fi/ Nl-koffie.ogg コフィ(ヘルプ / リンク))は、
コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、
湯または水で成分を抽出した飲料。最初は一部の修道者だけが用いる宗教的な秘薬であり、
生の葉や豆を煮出した汁が用いられていた。

しかし、焙煎によって嗜好品としての特長を備えると一般民衆へも広がり、
1454年には一般民衆の飲用が正式に認められ、中東・イスラム世界全域からエジプトまで
拡大した。 オスマン帝国からバルカン諸国、ヨーロッパには、16世紀に伝わり、
1602年のローマ以降、17世紀中にヨーロッパ全土に伝播した。北米には、
1668年ヨーロッパからの移民によって伝わった。コーヒーは北回帰線と南回帰線の
間(コーヒーベルト)の約70カ国で生産されており、
そのコーヒー農園でコーヒーノキの栽培と果実の収穫が行われる。