ブレヴォイ貴族


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロード・オヴ・ブレヴォイたる、七つの名家

ガレス家 House Garess:イシア地方西

  • ゴルシュキン山脈の東の麓を本拠とし、ドワーフ氏族と強い繋がりがある。当主・ハウラン・ガレス(LNアリ5/エキ2)、養子・トバル・ゴルカ(Nドワーフアリ2エキ4)

レベダ家 House Lebeda:ロストランド地方西

  • レイカル湖 Lake Reykal の南西の平原を商業的に支配し、湖の通行料を握る。サーロナ・レベダ(Nアリ11)が当主。息子ランダー(アリ2/ウォ1)。姉エランナ(NGアリ4)はニュー・スティーブンに暮らし、現在エランナとノレスキとの婚姻をレベダ家が望んでいるのではと噂されている。そのため、ナタラ・サートヴァはエランナを憎みさえしているという。

ロドヴカ家 House Lodovka:イシア地方北

  • 「霧と帳の湖」のアキュベン島と湖岸の中央部に位置し、湖の制海権と伝統的な水上輸送路を押さえる。当主コーゼク・ロドヴガ(CGアリ2/エキ3/ウォ2)は家柄・家族・民を愛するように見せている、船を最も愛する古い海賊肌の男である。

メドヴィド家 House Medvyed:イシア地方東

  • グロンジ森 the Gronzi Forest の多くを領する最東部の家。自然を崇拝する“古き道”を未だに保っている。オールド・デッドアイ[つまりエラスティルの]神域がある(実はラマーシュトゥの神域であるという噂もある)が、一般的にはアーバダーかゴルムの神殿が多い地域。当主はグレヴ・メドヴィド(NGアリ1/ウォ5)。狩りと乗馬と宴会を愛し、妻と子を溺愛している。

オルロヴスキィ家 House Orlovsky:イシア地方北東

  • 北東部を支配し、伝統的にケチな政治には関わらないようにしようとしている。ごく最近までサートヴァの暫定支配を嫌い、「王ウルゼンとロガルヴィアの正統後継者がいない間における一時的な摂政」と公言してきたが、ここのところの政治的風向きがサートヴァの方へ吹きつつある。このため、当主ポール・オルロヴスキィ(LNアリ4/ウォ4)は次の選択を迫られている。彼自身が横領者・日和見主義者と見下しているサートヴァを追認する声明を発するか、または、彼自身(または彼が公認するなにものか)こそが竜鱗の玉座の権利を持つと主張するか、である。オルロヴスキィ、ガレス、メドヴィドで同盟を結べば、サートヴァを孤立させてポート・アイスとニュー・スティーブンとの通商を遮断できる。そのため、おそらくはそうした同盟のための根回しが慎重に取り交わされているところであろう。

ロガルヴィア家 House Rogarvia:ロストランド地方東および南

  • 現在失踪中の「王家」。かつてニコス・サートヴァが娘マリナを征服王コラルと結婚させ、両家の手を取り合わせた。火の谷におけるコラルの最終的勝利から、「消失」まで、ロガルヴィア家はブレヴォイの支配者であった。ニュー・スティーブンの要塞ルビー・フォートレスが居城であり、ウルゼン・ロガルヴィアが竜鱗の玉座にかけてから4699arまで、すなわち10年前のあの一夜にして一族郎等がすべて消え失せるまで、が、彼の治世であったこととなる。ロガルヴィアは無情な支配者として知られ、消滅はさほど嘆き悲しまれなかったものの、一族の支配がそれなりの安定をもたらしていたこともまた確かな事実であった。消滅については様々な調査がされたが、ロガルヴィアの支配がきっかり200年であったこと、一族はきっと戻らないだろうということが明らかになっただけである。紋章は白と金で四分割された背景に二つ頭の竜を配したもので、片方が火を噴き、片方が抜身の剣を加えている。家訓は「剣と炎を手に」With Sword and Flame。

サートヴァ家 House Surtova:イシア地方北西

  • 最も古く最も影響力のある家系。もと海賊。北西部とポート・アイスを支配する。当主・ノレスキ・サートヴァ王(Nアリ5/ウォ3)、未婚。そのため、妹のナタラ・サートヴァ(LEアリ6)が実質女王のように振る舞っている。噂ではナタラはその役割を(さらには兄への影響力を)楽しんでおり、兄もこの義理の妹の意見をよく取り入れるという。ノレスキには、早く結婚して新しい王朝の跡継ぎをはやく、という圧力が日増しに強まっている。