導入


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレイヤーガイドより抄訳

 有能な戦士、格調高い貴族、賢い盗賊の出身地として、ブレヴォイはゴラリオン全土にその名を知られている。しかしブレヴォイの二つの領地、イシアとロストランドは仲が悪く、現在は内戦の一歩手前まで状況が悪化している。それぞれは独立した王国だったのだ――200年前、征服者コラルのバーバリアン軍団と、その使徒たる赤竜が二つの国を併合するまで。

 ロガルヴィア王家の鉄の掟が、ごく最近まで二つの領地の間の脆い平和を維持していた。しかし10年前、ロガルヴィア王家は奇妙な消失をし、代わりに悪才にたけたイシアのサートヴァ家がブレヴォイの支配者になったのだ。陰謀術数渦巻くブレヴォイは、もはや内戦を避けられないかに見える。

 地理的に南に位置するロストランドでは、支配者たるソードロード達もイシアの戦争に向けた政治的活動に注目しており、そして恐れている。ロストランドはイシアより国土が小さく、兵も少ない。そして、領地のほとんどを占める丘陵地や草原は防衛の役には立たないからだ。さらに悪いことに、北限が「霧と帳の湖」で防衛的にいくらか有利なイッシアに比べ、ロストランドの南限は山賊とモンスターの蔓延る荒野なのだ。

 そしてその荒野の名を「ストールンランド」という。

 かつて法的には河川諸王国の領地と見なされていたそれらの土地を、山賊とモンスターに「奪われた」というわけだ。今まで数多くの入植の試みが行われたが、一つとして成功はしなかった。33000平方マイルの荒野は、周辺で最大の権力空白地帯である。ブレヴォイの政治的緊張が高まるほどに、ロストランドのソードロードの数人がこの状況を打破したいと考え――探索許可証を与えた冒険者たちを数グループ、ストールンランドに送り込んだ。探索許可証の内容は単純なものだ。「川に沿った通商路を再開通させ、周辺の山賊を退治または撃退せよ。」それ以上に、ロストランドは新しい国がこの地域に発生発展することを願っているのだ、ということはもはや誰の目にも明らかだろう――発展に力を貸したロストランドに、新王国が助力をしないはずはなく、ひいてはイシアに対抗する同盟国が現れる、ということなのだから。大胆で素晴らしい政略である。ロストランド自身が南方開拓に余力を向ければ、北方への備えがおろそかになるだけでなく、イシアの掣肘も考えられるからだ。まったくひも付きでない冒険者を送り込むことで、ロストランドはイシアを刺激せず、かつ、新たな同盟国を作れるかもしれないのだ。

 だが、複雑で素晴らしい計画がたいていそうであるように、このもくろみも大惨事となる可能性がそこかしこにある。