きつけ教室|山梨県の美保姿きもの総合学院甲府校のもてなし方は?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんにちは。皆さんお元気でしょうか。今回も着ものの着付がテーマの記事です。
私が好きな着物のひとつが「紬」です。
肌襦袢・直接肌につけるものなので、汗を吸収しやすく肌にやさしい綿素材が好まれます。
帯枕と帯締めをしっかり結びます。
衣紋は指3本からこぶし一つが入るくらいを目安に抜きます。
博多織りや、つづれ織りがあります。
そで・・・半幅づかいにし、半そでにします。
いかり肩の人は、胸の中心からえり肩にそってタオルをあてがいます。
丈が長すぎるようならば、たれより手の分量を多くして結ぶとよいでしょう。
やせて身長の低い方の場合、そでたけを短めに、丸みを大きくします。
上前がズレないように下前を腰につけながら、つまは12センチぐらい上げます。
上品に着付けるためには、半えりは肩の部分で細く、ほとんど見えないくらいにします。
キモノの販売店のうちでも、特に香川県の「株式会社タカオ」が若い女性中心に好評のお店です。
しかしながら、一応書いておきますが、電話で親戚から聞いた噂話ですのでご確認はご自分の手でお願いします。
私の家からはかなり遠くなのでおもむくにはハードルが高いことがちょっぴり残念と思います。