雨の図書室


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『さー……』
雨の日の図書室は雨音しか聞こえません。
メイドさんはお夕飯の買い物に行くと言って、さっき出掛けて行ってしまったので一人で図書室の貸出カウンターに座っています。
こんな日は朝から一人も来ないので、ずっと本を読んでいます。

『ぎっぎっぎっぎっ……』
どこかからカエルの鳴く声が聞こえてきました。
なんだか眠い……。
うとうとしてくると身体がなんとなく暖かくなってきて、頭の上の耳がたらーんと垂れて来ます。
広げていた本の文字が追えなくなって来ました。目で追っても内容が頭に入って来ません。
視界が狭まって、字がぐちゃぐちゃになって、曖昧なもやもやに見えます。

『ぼーん、ぼーん……』
壁に掛けてある柱時計が四回鳴りました。もしかしたら五回だったかも知れません。
本を持つ手が緩まり、本のページがぱらぱらとめくれます。
ああ……栞を挿してない……。
そのまま目の前の本やら外の雨やらが混ざり合って、曖昧になって、そのまま溶けていきました。


『……がたんっ』
何か物音がします。
うにゃ……?
身体が重いです。
「あら、お目覚めですかー」
カウンターの前にメイドさんが立っていました。どうやら買い物から帰って来たようです。
「にゃ、おかえりなさい」
「もう、こんな所で寝ちゃダメですよ。風邪ひいても知りませんから」
「はーい。……ねえねえ、今日のおゆはんなーに?」
「今日はシチューですわ」
そう言いながら頭を撫でられました。なんだかくすぐったいです。

窓の外で雨はまだまだ降り続いていました。
明日は晴れるかな。