稲荷前駅


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

稲荷前駅



獣谷の入り口に位置する稲荷社の前の駅。
橋とトンネルと崖と参道に挟まれた、ホームだけの簡素な作りの駅。
駅舎がないため、切符は稲荷社の社務所で販売している。

朝にはこの駅で荷扱いをすることもあるが、それ以外の時間は乗降客すら居らず、
列車は停車をすれど、ドアを開けず発車していく。
今日も、獣谷鉄道日最低乗降客数の地位は揺るがない。

駅周辺には稲荷社のほかにも、煮釜淵と釜ヶ滝、鉄道の煮釜淵橋梁がある。
しかし、当然のごとく駅への車道は通じていないため、それら景勝地や、本郷へ向かうのは徒歩で、
しかも、ほとんど獣道同然の小径を辿らなくてはならない。
獣耳人間ならまだしも、普通の人間にはきつすぎる道中である。

路線
添付ファイル