川嶋祐太


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要
☆プロフィール☆
名前 = 川嶋 祐太
出身地 = 東京都墨田区
身長 = 172 cm
体重 = 89 kg
利き腕 = 右

☆その他☆

経歴 = 立花中学校


1.経歴
2004年3月に墨田区立花にある東あづま保育園を卒園。東京都墨田区立第四吾嬬小学校4年から、草野球において投手として野球を始めた。中学時代は野球部に所属。しかし公式戦では全て一回戦落ちしている。しかしチームの中では群を抜いて活躍していた。引退後に草野球チームに入ったが数ヶ月で辞めている。2013年ドラフト会議にプロ志願を提出しているが、名前を呼ばれることはなかった。

2.選手としての特徴
2.1.打撃
長打力を持ち味とする。2012年は67パーセントの打球を左方向に放っているプルヒッターで、特に2012年後半は安打の半数以上を左方向に放った。当初は「右方向にも打てるバッターになりたい」と語っていたが、2012年を経て「いまの自分のヒットゾーンは左方向にある」ことがわかったという。外角を苦手としている一方で内角打ちに長ける他、対左打率.523と左投手に強く、同得点圏打率.714と得点機にも強い。2013年には打率.632を記録した。

2.選手としての特徴
2.2.守備・走塁
広い守備範囲と、遠投100メートルの強肩を生かした送球を持ち味とし、特に三遊間の打球に強い。一方でチーム最多の失策数も記録しており、チームメイトからは確実性重視の守備を勧められたこともあったが、「そんな逃げるような真似はしたくなかった。消極的に守ることに、何の意味があるのかわからない」として守備範囲を重視する守備にこだわりを見せている。
走塁面では50メートル8.64秒、一塁到達6.5秒と決して速くはないが打ってからの走り出しが速いなど、塁に出ると相手投手のクセを盗んだりなどとして盗塁を決めている。盗塁数は多くないが、通算盗塁成功率は約100%を記録している。
2.選手としての特徴
2.3.投球
オーバースローから平均球速約124km/h、最速129km/hのストレートに縦横のスライダー、カーブ、フォーク、SFFを投げ分けフォークは制球力はあまりないが落差が大きく最速121km/hのスピードが出る。また、SFFはカウントを取りにいく為と話している
本人は高めのストレートと低めの変化球が生命線だと語っているまた打者の内角高めをつくストレートに自信を持っている。
奪三振率は通算17.59と高く、「三振をいくつ取れた」や「三振を取れるストレート」を最重要視しているという
3.人物

元々左投げ左打ち。しかし箸やペンを持つ手は右手。小学校5年生の時に肩を壊したが野球がしたいという強い気持ちから現在の右投げに転向している。打撃では初めは左打ちだったが、変化球に対応するため小学校6年生の時に右打ちに転向した。また試合では ムードメーカーとしてベンチ盛り上げている。

成績 通算

打率 .623
本塁打 16
打点 69
安打 87
盗塁 16
奪三振 126
防御率 1.12
勝利23

※この記事の無断編集、無断転載は許可しません