※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「多分フラワー〇ック的な何か。」

霧賀火澄:おはようございます。生活ゲームに参りました

芝村:記事どうぞ イベント選択もね。

霧賀火澄:
【予約者の名前】03-00073-01:霧賀火澄:FEG
【実施予定日時】2010年2月23日/10:00~11:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・霧賀小助:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計0マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00073-01:霧賀火澄:-0マイル:入学済
今回は誕生日枠を使用いたします。
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=7185

イベントは・・・ 安全なところでゆっくりお話できればいいなと思います。

芝村:はい。二分待ってね

霧賀火澄:よろしくおねがいします

芝村:
/*/
ここはFEGだよ。
のんびりした、縁側にいる。

霧賀火澄:「小助さーん」

小助:「?」

芝村:小助は貴方を見た。

霧賀火澄:「見て見てー」 動き出す観葉植物を出します

小助:「・・・? なんだ、それは」

霧賀火澄:「臨時裁定でもらいました。動き出す観葉植物らしいですよ」

芝村:小助は言われる前に手を出して、動き出したのであわてて手をひっこめた。貴方を非難がましそうに見ている

霧賀火澄:「えー」

小助:「なんにつかうんだ。これ」

霧賀火澄:「・・・眺める?」

小助:「めずらしそうだけど・・・」

霧賀火澄:「とりあえず居間にでもおいておこうかなあ、と。」

小助:「まあ・・・」

霧賀火澄:動き出す観葉植物はどんな感じでしょう

芝村:動いている。

小助:「まあ、葉っぱが肉厚だな。1cmくらいある」

霧賀火澄:「・・・動いてるなー」すげー

小助:「・・・リワマヒか、ながみか、そのへんのものだろうな」

霧賀火澄:「L:が開示されてないからよくわからないけど、何か効果あるんじゃないかなあ。臨時裁定のダイスで当たった景品だし。」

小助:「法官のやつだろ。なんでこんなものを・・・」

霧賀火澄:「面白そうだったんだもん」

芝村:小助はツルをとれたんでびっくりしている。ツルは指にからみついた

霧賀火澄:Σうお

小助:「リワマヒだな」

霧賀火澄:「リワマヒさんですか・・・」葉っぱつんつんしてみます

芝村:優しく葉っぱが包んでいる。

霧賀火澄:「っていうか、色々もらったりしたのが使わずにしまってあるんですよねー 折角だから家においてみようかなあと。」

小助:「ウォードレスの材料になる」

霧賀火澄:「マジっすか」

霧賀火澄 さんの発言:「君すごいねえ」植物に話しかけてみます

小助:「ああ。これの大きな物は、人型戦車の材料になる」

芝村:植物は照れている

霧賀火澄:「照れてるーw」 か、かわいいっ

芝村:小助は微笑んだ。

小助:「お前がかわいい」

霧賀火澄:「そんなことないですよう」(照

芝村:
小助は微笑んだ。
貴方の頭をなでた

霧賀火澄 さんの発言:「にゃー」

芝村:小助は微笑んでいる

芝村:小助はいきなりキスした。

霧賀火澄:抱きつきます

芝村:だきあってる。ぎゅーされた

霧賀火澄:「にゅー」

小助:「なんだ、その反応は」

芝村:小助は笑ってる

霧賀火澄:「えへへ・・・」照れるー

霧賀火澄:「小助さんだいすきー」

小助:「愛してるといえ」

芝村:小助は貴方の耳をいじってる

霧賀火澄:「にゅ?」

芝村:小助は楽しそうに耳たぶをもてあそんでいる

霧賀火澄:「にゅー」 頭ぶんぶん

小助:「?」

霧賀火澄:「くすぐったいですよう」

芝村:
小助は笑ってる。うれしそう。キスした

霧賀火澄:こっちもキスします

芝村:小助はもう一度キス。長く

霧賀火澄:ぎゅーします

芝村:小助はくすくす笑ってる。

霧賀火澄:「ふふ」笑います

芝村:小助は額をくっつけた

霧賀火澄:ほっぺつんつんしますよ

芝村:小助は笑った。

芝村:/*/
はい。おつかれさまでした

霧賀火澄:おつかれさまでしたー

霧賀火澄:動き出す観葉植物を家に設置したいのですが、設置申請を質疑掲示板に提出すればよいでしょうか

芝村:
ええ
評価は+1+1
秘宝館には1,1で依頼出来ます。
では解散しましょう。お疲れ様でした。

霧賀火澄:はい。お疲れ様でした。ありがとうございました

















-