指輪を探そう。


霧賀火澄:
おはようございます。少し早いですが、生活ゲームに参りました。

芝村:
記事どうぞ

霧賀火澄:
【予約者の名前】03-00073-01:霧賀火澄:FEG
【実施予定日時】2009年9月21日/10:00~11:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・霧賀小助:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00073-01:霧賀火澄:-33マイル:入学済
こちらになります。

霧賀火澄:
イベントですが、 指輪を探しつつ
探したあとでお茶でもしようかなと思っています。
そんな感じのイベントで御願いします・・・。

芝村:
はい。二分待ってね

霧賀火澄:
散歩部所属者は生活ゲーム開始時に1d6することが出来る。1が出たらいいものを、
6だったらその時藩国で進行している嫌なものを見る。この能力は参加税を払わないでも起動する
こちら使用させていただいてもよろしいでしょうか

芝村:
ええ

霧賀火澄:
1d6

芝村 のアドイン "mihaDice":
[mihaDice] 霧賀火澄 : 1d6 -> 2 = 2
残念

霧賀火澄:
がくっ

芝村:
一分待て

霧賀火澄:
はい。よろしく御願いします

芝村:
/*/
ここはFEGだ。今日は、ひどく落ち着かないようだ

霧賀火澄:
「おや・・・ なんだろう」
「なんかあったのかなあ」


小助:
「法官の腐敗が次々わかって、それの改善が遅れている」
「国民の怒りが限度に近づいている。まあ、そんなところだな」

霧賀火澄:
「うーん・・・。  裁定とか今急ピッチで皆頑張ってるんだけどなあ」
「でも気持ちはわかるかも・・・」

芝村:
小助は少し微笑んだ。貴方の頭を撫でた。

小助:
「まあ、そうだな」

霧賀火澄:
わーい>なでなで
「私も、また裁定作業手伝いたいし。 がんばるー」

芝村:
小助は微笑んだ。

小助:
「まだこの国はいいほうだろう」

霧賀火澄:
「そうですね・・・。」

芝村:
小助は空を行く車の列を見た。

霧賀火澄:
同じ方向を見ます

小助:
「さ、今日はどうする?」

霧賀火澄:
「うーん、 指輪をさがしたいなあ、と思います。」

小助:
「なんだ、それは」

霧賀火澄:
「私たちの風習では、恋人同士でお揃いの指輪を持つのがしきたりになってまして。」
「恋人って行っても、結婚を誓い合うほどの恋人ですが・・・。左手の薬指にはめるのがならわしです」

小助:
「売ってあるのでいいのか。それは」

霧賀火澄:
「指輪なら売ってあるのでも作ったのでもいいそうですよ」

小助:
「材質は?」

霧賀火澄:
「貴金属がベスト、でも他のでも別によいとか。」
「そのへんは割とアバウトですよね。 『指輪をする』というのが大事らしいです」

小助:
「金属加工は専門でないと難しい、買った方がいいんじゃないか?」

霧賀火澄:
「そうですね。 じゃあ買いましょうか」

芝村:
小助は歩き出した。

霧賀火澄:
ついていきます

小助:
「貴金属店が多いところと、ファッション関係の店が多い処と、どっちがいいんだ?」

芝村:
貴方の手を取った。

霧賀火澄:
「うーん・・・ 貴金属店かなあ。」

芝村:
小助はうなずくと、巨大なエレベーターの入り口に立った。
左右数百メーターはある

霧賀火澄:
「大きいですねえ・・・;」

小助:
「これは小さい方だ」

芝村:
おおきなシャッターが開き始めた。
一斉に人々が移動している。車はないようだね。
エレベーターの中にも休憩所やレストランがあるようだ。

霧賀火澄:
す、すごいなあ・・・

芝村:
小助は貴方の背中をおした
笑ってる。

霧賀火澄:
「ねうー」

芝村:
ゆっくりエレベーターが下に下がり始めた。

霧賀火澄:
きょろきょろしてます

芝村:
なかなか不思議な感じがする。速度はそんなに速くないけどね
人々は気にせず休憩所や、お店で買い物しているようだ。

霧賀火澄 の発言:
ほえー

芝村:
小助は貴方の顔を見て微笑んでいる。

霧賀火澄:
えへへ・・・

小助:
「ついたぞ。ほら」

芝村:
手を引っ張られた。

霧賀火澄:
ついてきます
周りきょろきょろ。

芝村:
このあたりは貴金属と言うよりは、金属加工業ばかりだ。
それも最新技術ではなく、工芸だな。

霧賀火澄:
「おー」

芝村:
板からトンカチで急須つくってるぞ・・・

霧賀火澄:
「わーわー わー」
そういうの 大 好 き で す

芝村:
親方が貴方を見た。

親方:
「なんだい、嬢ちゃん」

霧賀火澄:
「こんにちはー」
「あ、実は私指輪を買いに来たんですが・・・」
といいつつ、親方さんの手元をガン見。

芝村:
親方は当て木しながらとんとん叩いて丸みをつくってる。

親方:
「おお、指輪か。このあたりじゃ大店(おおたな)に入れてるところもおおいぜ。あっちいってみな」

霧賀火澄:
「はい。 ありがとうございますー」

小助:
「いくか?」

霧賀火澄:
「いくー」

芝村:
親方は笑って作業に戻った。

霧賀火澄:
親方さんに手をふりながら分かれます 

芝村:
指輪工房の前についた。

霧賀火澄:
「ついたー」

芝村:
珍しいね。おばちゃんというよりおばあちゃんの職人が、指輪を作ってる

霧賀火澄:
おおお
(゜Д゜) じー

芝村:
おばあちゃんはゲージに指輪を入れながら、ルーペで彫金している

おばあちゃん:
「なんだい?」

霧賀火澄:
はっ
「すみません、 あの」
「実は、結婚指輪を買いに参りました。」
といいつつ、小助さんの手を握ります

おばあちゃん:
「うちは、店卸専門だ。上の上のフロアで買えるよ」

小助:
「そういう店に俺の年格好では入れない」

芝村:
おばあちゃんは顔をあげて小助を見てる。

霧賀火澄:
「私の年恰好でも無理かと・・・」
Q:上の上って、やっぱりセレブな感じですか?

芝村:
A:ええ

おばあちゃん:
「まあ、たしかにね。うちのは高いよ。ぼっちゃんじょうちゃんじゃかえないよ」

霧賀火澄:
「ちなみにお値段伺っても良いですか・・・?」

おばあちゃん:
「一億」

霧賀火澄:
Q:何マイル・・・?

芝村:
A:4マイル

霧賀火澄:
「・・・・・・・・・・。」
Q:指輪は、どんな感じの指輪でしょう・・・?

芝村:
A:おばあちゃんが手作業で頼まれた模様を彫り込んでいるようだ。
一番人気は蔦のようだ

霧賀火澄:
おおお・・・
何故に蔦。

芝村:
綺麗だからだろう

霧賀火澄:
なるー
「小助さん、何か好きな模様ってあります?」

小助:
「白鷺」

霧賀火澄:
「なるほど。」

おばあちゃん:
「金はありそうだね。少しまちな」

芝村:
/*/
はい。おつかれさまでした

霧賀火澄:
おつかれさまでした。
指輪たのしみですー
あ、マイル消費はどうなりますでしょうか

芝村:
受け取り時に申し込んでください。
四マイル

霧賀火澄:
開示はマイルかかりますか

芝村:
いえ。かからない

霧賀火澄:
おおお

芝村:
ということで、評価は+1+1でした。
秘宝館には1,1で依頼できます
では解散しましょう。おつかれさまでした

霧賀火澄:
はい。
では失礼します。 ありがとうございましたー!!


















-