※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パンを作ってみよう。


霧賀火澄:
おはようございます。生活ゲームに参りました。
遅れて申し訳ありません。

芝村:
いえいえ。
記事どうぞ

霧賀火澄:
【予約者の名前】03-00073-01:霧賀火澄:FEG
【実施予定日時】09年9/11/11:00~12:00
【ゲーム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・霧賀小助:個人ACE:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・03-00073-01:霧賀火澄:-33マイル:入学済

記事は以上です。
イベントは・・・ パン作りでお願いします。
あと、散歩部の特殊を使用してもよろしいでしょうか。

芝村:
ええ。

霧賀火澄:
 *散歩部所属者は生活ゲーム開始時に1d6することが出来る。1が出たらいいものを、6だったらその時藩国で進行している嫌なものを見る。この能力は参加税を払わないでも起動する
ダイス振ってみてもいいでしょうか。

芝村:
NWCでどぞ>ダイスロール

霧賀火澄:
はい。
MASTER◆霧賀火澄 > 1D6 → 5 = 5 (9/11-11:08:39)
だめでしたorz

芝村:
残念
1分まってね

霧賀火澄:
はい。よろしくお願いいたします。

芝村:
/*/
ここは貴方の家だ。
小助は小麦粉を練っている

霧賀火澄:
「お手伝いしますよー」 手伝います

小助:
「面倒くさいぞ」

霧賀火澄:
「でも面白そうですし」
「何か手伝えそうなことありますか?」

小助:
「とりあえずは、練る。それを手伝え」
小助は板の上でこねこねしている

霧賀火澄:
「はーい」
こねこね。

小助:
「一時間はかかるな。力もいる」

霧賀火澄:
「なんかもちもちしてて面白い…。」
「じゃあ二人で頑張れば早く終るかもっ」 こねこねこねこね

小助:
「グルテンが出来始めている。もう少しだな。エノフも、つくれる」

霧賀火澄:
「えのふ??」
こねこねこねこねこねこね

小助:
「子供の遊び道具だ。かんで遊ぶ。あれだ」
「ガムだ。少し違うが」

霧賀火澄:
「おおお・・・」
#しらんかった。 >えのふ

小助:
「作ってみるか?」

霧賀火澄:
「うん!」
芝村:
小助は記事を少し切り取って、貴方に渡した。

霧賀火澄:
うけとります

小助:
「水で洗いながらやれ。それで、澱粉が流れてグルテンだけが残る」

霧賀火澄:
教えてもらったとおりにやってみます。

芝村:
ぎゅーとしぼると、確かになんかのびーるなにかが出来た。

霧賀火澄:
「のびーる・・・」 びよーん

小助:
「ジャムを包んで噛んでみろ」

霧賀火澄:
「はーい」  
ジャム包んで噛んでみます。

芝村:
噛んでみると、フレッシュなガムだ。
想像以上にガムっぽい

霧賀火澄:  
「お、おいしいっ・・・!」

小助:
「食紅で色をつけてもいいが。粘土替りにしてもいい。」

霧賀火澄:
「ほえー・・・」 
「小麦粉っていろんなことできるんですね…」

小助:
「そうか?」

芝村:
小助は微笑んでいる。
何故か嬉しそう

霧賀火澄:
#きゅん。
「うん。」 微笑み返します。

芝村:
小助は上機嫌にパンの形をととのえ始めた

小助:
「丸いのと長いの、編んだの、どれがいい?」

霧賀火澄:
「うーん・・・。 どれもよさそうだけど、編んだの、かなあ」
「あまり見たことないから面白そう。」>編んだの

芝村:
小助は生地を伸ばして太い紐のようにした。
2本を器用に編んでいる。

小助:
「オーブンにいれるか?」

霧賀火澄:
「うん。」
いれます

芝村:
入れた。
小助は貴方の顔を見ている

霧賀火澄:
私も小助さんを見ます
じー

小助:
「鼻の頭に、小麦がついている」

霧賀火澄:
「ふにゃっ」
とります

芝村:
小助はキスした。

霧賀火澄:
ぎゅーします

小助:
「こら。手の小麦が」

霧賀火澄:
「あ。」

芝村:
小助は笑いながら貴方にキスした

霧賀火澄:
えへへ・・・ 

芝村:
小助も照れている

霧賀火澄:
照れてます。

小助:
「お前の瞳は綺麗だ」

霧賀火澄:
「ありがとうございます・・・。 小助さんの目も綺麗ですよ。」
「だいすきです。」

小助:
「ああ」

芝村:
小助は貴方の頭をなでようとして、やめてキスした。

霧賀火澄:
キスします

芝村:
小助は微笑んでいる

霧賀火澄:
えへへw
「小助さんだいすきー」 キスします

芝村:
小助は笑ってる。幸せそうだ
/*/
はい。お疲れ様でした

霧賀火澄:
お疲れ様でしたー
しあわせでしにそうなかんじがします。

芝村:
ラブラブだね

霧賀火澄:
ありがとうございます。
いや、でもここまでくるのたいへんでしたよ?

芝村:
ははは

霧賀火澄:
というか、これはあれですか ぷろぽーずせいこうですか
そしてパンはどうなったんですか・・・

芝村:
うまくやけたよ。
プロポーズ成功かはわからんね。
うん

霧賀火澄:
がくっ

芝村:
評価は+1+1
秘宝館には1、1で依頼出来ます

霧賀火澄:
あ、累計お伺いしてもいいでしょうか

芝村:
では解散しましょう。お疲れ様でした
9,9

霧賀火澄:
うおお
ありがとうございます。
では失礼いたします。 お疲れ様でした。 ありがとうございましたー!

芝村:
ではー



















-