※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

縁側でお話。


芝村 > イベントは?

霧賀火澄 > こんばんは。よろしくお願いします。

霧賀火澄 > 家で話します。

芝村 > 2分まってね

霧賀火澄 > E113関連のお話をします。

霧賀火澄 > よろしくお願いします。

芝村 > /*/

芝村 > ここは縁側だよ。小助は猫と遊んでる

霧賀火澄 > #ああ、なごむ…

霧賀火澄 > 「こーすけさんっ」

小助:「なんだ」

霧賀火澄 > 「お茶いれましたよー」

霧賀火澄 > お盆膝に乗せて横に座ります。

小助:「ああ・・・」

芝村 > 小助は黙って茶を飲んでる

霧賀火澄 > お茶を飲みます

霧賀火澄 > 「小助さん」小助さんの方向いて正座

芝村 > 小助も黙ってお茶飲んでる。

芝村 > 猫が貴方を見上げてる

霧賀火澄 > 「相談があるのですが…」

小助:「なんだ?」

霧賀火澄 > 「困っている人達を助けに行くことになったのです。一緒に来てください…」

小助:「分かった」

芝村 > 小助は微笑んだ。

霧賀火澄 > 「ありがとうございます!」

霧賀火澄 > 笑顔でぎゅー

小助:「そういうと思って、準備だけはしておいた」

霧賀火澄 > 「準備?」

芝村 > 小助の格好は、なるほど、実戦装備だ

霧賀火澄 > 「困っている人達いっぱいいて…。まだどこへ行くかわからないんですが…」

芝村 > 旅装束だね

霧賀火澄 > 「…準備万端なのです。すごいですー」

小助:「どこにいくつもりだ?」

霧賀火澄 > 「ながみ藩国へ。」

小助:「わかった。あそこはひどいぞ」

霧賀火澄 > 「本当は難民の人達のとこへ行きたいですが…」

霧賀火澄 > 「皆で分担なのです。頑張るですよ。」

小助:「そっちは大丈夫だな。帝國のほうが動くだろう」

霧賀火澄 >「かなりひどいという話を聞きます。」>ながみ
「頑張りましょう、なのです」

小助:「分かった」

小助:「よくなるといいな。治安」

霧賀火澄 > 笑顔。

霧賀火澄 > 「頑張ればきっとよくなると思います。」

小助:「その言葉、今なら信じてる」

芝村 > 小助は優しく笑ってる

霧賀火澄 > 「ありがとう」微笑みます

霧賀火澄 > ぎゅー

霧賀火澄 > 「天領もせめてくるし…大変なことばかりです」

芝村 > 小助は貴方を抱きしめた。

小助:「よくある話だ」

「弱り目に祟り目だ」

霧賀火澄 > 「泣きっ面に蜂…」

小助:「そうだな。国が滅びる時はたいていそうだ」

霧賀火澄 > 「国…」
「国といえば…王様が光線系の技大丈夫らしくて、レーザー体で防ぐって言ってました…大丈夫なのでしょうか;」

小助:「まあ、たちの悪い冗談だな。強がりだ。ほっとけ」
「ま、空は無理だな」

霧賀火澄 > 「対空攻撃は難しそうです。」

小助:「基本、一方的に撃たれるばかりだ」

霧賀火澄 > 「何処なら無理じゃないですか?」
「上から撃たれたらどうしようもないですね…」

小助:「なごみ騎士団と、あとは帝國軍、宰相府。この3つが宇宙で戦える。他はどうかな」

霧賀火澄 > 「宇宙での戦いがメインですか…」

小助:「レーザーを阻止するのは無理だな。阻止できるポイントは宇宙。それだけだ」

霧賀火澄 > 「小助さんがもし指揮官なら、どうやって戦います?」

小助:「逆撃で奇襲だな。相手が母船の中にいる間に撃つ。それが一番だ」

霧賀火澄 > 「撃たれる前に撃つ?」

芝村 > 小助は笑った。

小助:「そうだ」

芝村 > /*/

芝村 > はい。お疲れ様でした。

霧賀火澄 > つられてちょっと笑いながらぎゅー

霧賀火澄 > お疲れ様でした!ありがとうございました!

芝村 > 評価+1+1でした

霧賀火澄 > ありがとうございます!わー…上がってる

芝村 > 秘宝館には1、1で依頼出来ます

霧賀火澄 > ありがとうございます。

芝村 > では解散しましょう。おつかれさまでしたー

霧賀火澄 > お疲れ様でした。ありがとうございました!

Message > 芝村さんが退室されました。

Message > 霧賀火澄さんがログアウトしました。