※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

縁側でごろごろ。


霧賀火澄 :こんばんは。少し早いですが、生活ゲームをお願いしに参りました。

芝村 :記事どうぞ

霧賀火澄 :記事はこちらになります


霧賀火澄 :あと、開始前に質問をお伺いしたい事があります。

芝村 :ええ

霧賀火澄 :Q:S43さんの赤ちゃんはその後どこでどうしているのでしょうか。

芝村 :A:るしにゃんであずかられています。クレールが相手してるかと

霧賀火澄 :なるほど。よかったー。

霧賀火澄 :ありがとうございます!

霧賀火澄 :質問は以上です。

芝村 :イベントは?

霧賀火澄 :久しぶりに小助さんの家に行ってお話します。お茶会みたいなイベントをお願いします。

霧賀火澄 :久しぶりすぎて忘れてました・・・申し訳ありません>イベント選択

芝村 :2分待ってね。

霧賀火澄 :はい。よろしくおねがいします。

芝村 :/*/

芝村 :ここは小助の家だよ。小助の家の前だ。

芝村 :相変わらずの日本家屋だ。

霧賀火澄 :「はー・・・久しぶりだ・・・」

霧賀火澄 :#相変わらずですかw

霧賀火澄 :「ここも変わってなくて何よりなのですよ・・・」

霧賀火澄 :小助さんを庭先から探してみます。縁側にいませんか?

芝村 :いるねえ。

芝村 :猫と遊んでる。

霧賀火澄 :「小助さーん」 

芝村 :小助はちらりと貴方を見た後、顔をそらした。

霧賀火澄 :あ、あれ;

霧賀火澄 :庭の入り口から家に入ります。

霧賀火澄 :傍へ行きますー

芝村 :傍に行ったよ。どうする?

霧賀火澄 :横に座りま。

霧賀火澄 :失礼。横に座ります。

芝村 :座ったよ。

霧賀火澄 :「小助さん」

小助:「どうした」

霧賀火澄 :「おかえりなさい」

小助:「……」

小助:「お前も一緒にいたろう」

霧賀火澄 :「ええ。」

霧賀火澄 :「でも、こうして二人でゆっくりできるのも久しぶりだし。」

芝村 :小助は少し笑った。

小助:「変なやつだな。お前」

霧賀火澄 :「そうですかー?」

霧賀火澄 :少し笑いますw

霧賀火澄 :抱きつきます

芝村 :小助は貴方をなでている。

霧賀火澄 :ぎゅー

小助:「俺はお前を守れなかったか?」

霧賀火澄 :「ううん。守れましたよ。」

小助:「じゃあいい」

霧賀火澄 :「はい。」

霧賀火澄 :#ふにゃー

芝村 :小助は綺麗な瞳で貴方を見ている。

霧賀火澄 :見つめ返します

芝村 :小助は貴方の鼻をおした

霧賀火澄 :「にゃ」

芝村 :小助は少し微笑んだ

霧賀火澄 :ちょっと笑顔になります

小助:「やることがなくなった」

芝村 :小助はばたりと縁側で倒れた。

芝村 :猫が離れた。

芝村 :また近寄ってきた

霧賀火澄 :「ほえ?」

霧賀火澄 :わき腹をくすぐってみます

霧賀火澄 :「えいえい」

小助:「何だその反応は」

芝村 :小助は手を引いて貴方も倒した。

霧賀火澄 :「えー。だって倒れてるからー」

霧賀火澄 :ぎゅー

小助:「暑くないのか」

霧賀火澄 :「あったかいから大丈夫。」

霧賀火澄 :「小助さん暑いですか?」

小助:「……これでいい」

霧賀火澄 :「にゃー」

霧賀火澄 :「小助さん、今日はお願いがあってきたんですけど・・・」

小助:「なんだ」

霧賀火澄 :「一緒に住んでいいですか?」

小助:「俺に飼われたいのか?」

霧賀火澄 :「傍にいたいのです。」

芝村 :小助は少し笑った。

小助:「勝手にしろ」

霧賀火澄 :「ありがとうございます!」

霧賀火澄 :わーい

芝村 :小助は転がって瀬を向けた

霧賀火澄 :転がって傍にいきます

芝村 :そばについた

霧賀火澄 :ぎゅー

小助:「くっつくのが好きだな」

霧賀火澄 :「えへへー」

霧賀火澄 :「だって久しぶりにあったから・・・」

霧賀火澄 :「この間は少しでしたし。」

霧賀火澄 :「あ、御菓子持ってきましたよ・・・」

霧賀火澄 :「たべますかー」

芝村 :小助は貴方の方をむいた。顔が近い。

霧賀火澄 :じー。と顔を見てます。

小助:「どうした?」

霧賀火澄 :「にゃ。」

霧賀火澄 :「うーんと・・・」

芝村 :小助は貴方を見ている

霧賀火澄 :じー

小助:「変な奴だ」

霧賀火澄 :「小助さんだって見てるじゃないですかー」

霧賀火澄 :ちょっとだけ笑います。

芝村 :小助は貴方を引き寄せてキスした

霧賀火澄 :じっとしてます。

霧賀火澄 :目閉じて・・・

芝村 :思ったより優しいキスだった。

芝村 :小助は起き上がって、菓子はなんだときいた。


霧賀火澄 :「プリンと、サータアンダギーですよー」

小助:「サータなんとかってなんだ。ドーナツ?」

霧賀火澄 :「サータアンダギーというのは黒砂糖で味付けした揚げ菓子なのです。」

霧賀火澄 :「そうそう。ドーナツの一種です」

小助:「なるほど」

芝村 :小助はかじってる

小助:「まあまあだな」

霧賀火澄 :「そうですかーw」

霧賀火澄 :「お茶もどうぞー」

芝村 :小助は茶をすすってる

小助:「どうした?」

霧賀火澄 :同じくお茶をすすります

芝村 :小助は上を見た後茶をすすった

霧賀火澄 :#芝村さん、第4で目を褒めるのって確か求婚の意味でしたよね・・・

霧賀火澄 :「平和ですね・・・」

芝村 :ええ>火澄

霧賀火澄 :#あ、ありがとうございます @@

小助:「どうせ、またすぐ戦争だ」

霧賀火澄 :「相手が誰であれ、しばらくは宇宙の闘いですね・・・」

小助:「どうかな」

霧賀火澄 :「?何故ですか?」

小助:「どんなことにも理由がある」

霧賀火澄 :「確かに・・・」

霧賀火澄 :ぎゅー

小助:「敵が戦争する理由は、多分この・・・」

芝村 :小助は難しい顔した後、話すのをやめて貴方をだきしめた。

霧賀火澄 :「にゃ・・・」

霧賀火澄 :「たとえどんなに辛い事があっても、苦しくても笑顔を忘れずにいたいです。」

小助:「よくわからん」

霧賀火澄 :「誰かを助ける事ができるように、苦しくても辛くても乗り越えれるように・・・」

霧賀火澄 :「なにがあっても、小助さんと一緒にこれからの時を過ごすのが私の幸せですよ」

霧賀火澄 :にぱー と笑う。

小助:「・・・」

小助:「勝手にしろ」

霧賀火澄 :「はい。」

霧賀火澄 :ぎゅー

芝村 :/*/

芝村 :はい。お疲れ様でした

霧賀火澄 :お疲れ様でした!

霧賀火澄 :ありがとうございました。

霧賀火澄 :久しぶりすぎて嬉しすぎて何がなんだか・・・ @@

芝村 :ははは。

霧賀火澄 :無事で怪我もなくて安心しました。

芝村 :評価は+1+1でした

霧賀火澄 :ありがとうございます。

霧賀火澄 :#途中で何回も目綺麗ですよって言いかけてたのは内緒です

芝村 :ははは

霧賀火澄 :あはは。

霧賀火澄 :秘宝館のほうもいただけますか。

芝村 :1、1でどうぞ

霧賀火澄 :あと、今小助さんが住んでいる家のデータって何マイルぐらいでわかりますか?

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でしたー

霧賀火澄 :間取りの参考に・・・

芝村 :140だよ

霧賀火澄 :あうあうあう!?

霧賀火澄 :む、むりですね(涙

霧賀火澄 :あ、ロボさん達に「ありがとうございました」とお伝えください。

霧賀火澄 :ふみこさん達にも。

霧賀火澄 :では、ありがとうございました。

霧賀火澄 :お疲れ様でした

芝村 :はい。ではー