想起「テリブルスーヴニール」

そうき「テリブルスーブニル」
作品名:東方地霊殿
使用者:古明地さとり

東方シリーズに登場する術の1つ。
古明地さとりのスペルカードの一つ。
"The Grimoire of Marisa"では トラウマを呼び覚ます催眠術 と記録されている。マークはプロビデンスの目




能力についての詳細

次の想起への仕込み

  • 相手をトランス状態に入らせる。
顔に向けて光を発して動揺させて、要らぬトラウマを読み取るという寸法なのだろう。そりゃ嫌われるわな。
  • 顔へと光を発する。
    • 心理学における、人をいわゆる「トランス状態」へ入らせる技法。
    • 眩しさから来る目の疲労で瞼を閉じようとする生理反応が起こっている時に
      「瞼が重くなる」などと言葉をかけることで「自分は催眠術にかかっている」と錯覚を起こさせるというもの。

  • トラウマの呼び起こし
普段は記憶の底に封印されていた弾幕の記憶も、催眠効果によって呼び覚まされてしまう。
  • この後、様々な妖怪の弾幕が再現される。
+ 想起されたスペルカード

その他特性

 彼女は言葉を持たない霊魂の心も読める。それが理由で怨霊からも
避けられている。

使用者との関連性

心を読む程度の能力は心を読むことができるが、トラウマなどの古い記憶を知ることができない。
それではトラウマの弾幕を再現できないから、このスペルカードを使うのだと想われる。

元ネタ

想起
  • 心理学用語で、記憶の第三段階。記名され、保持された経験内容を再現すること。
  • 古代ギリシアで考えられたアナムネーシスという概念。
    • 人の魂は永遠不滅で、あの世からこの世に来た際、我々は記憶喪失になっているが、
      それらは思い出せば我々は殆ど「全知全能」なのだとする考え。



関連項目


関連タグ


リンク