恐慌呼び起せし魔笛

ラ・ブラック・ルナ
作品名:Fate/Apocrypha
使用者:アストルフォ

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する武器。
宝具の一つ。形状は巨大な角笛。
竜の咆哮や神馬の嘶きを対象へぶつけ、聴覚を奪う




武器についての詳細

来歴

  • 善の魔女ロゲスティラに与えられた角笛
    • ハルピュイアの群れを追い払うのに使われた。
善の魔女・ロゲスティラがアストルフォに与え、ハルピュイアの大群を追い払うのに使用
された。

基本性能

宝具のランク C
種別 対軍宝具
レンジ 1~50
最大捕捉 100人
宝具による効果 魔爆音生成

魔爆音生成

  • 射程内にいる者へ竜や神馬などの鳴き声に近い爆音を叩きつける
    • HPが低ければ即座に微塵となる。
竜の咆哮や神馬の嘶きにも似た魔音を発する角笛。レンジ内に存在するものに、爆音の
衝撃を叩きつける。対象のHPがダメージ以下だった場合、塵になって四散する。
  • 対象の聴覚を奪う
    • 使用者の熟練度ならば可能。
 とはいえ魔笛の名の通り、この宝具の真の恐ろしさ
は度を超えた音の衝撃による混乱である。慣れた者が
この笛(にしてはあまりに巨大だが)を吹けば、対象か
ら一切の音を奪うことも可能とする。


使用者との関連性

サイズ可変

  • 所有者に応じて小型化する
    • 使用時に元のサイズへ戻る。
(中略)通常時は腰に下げられるサイズだが、使用時はアストルフォを囲うほどの大きさ
になる。


元ネタ

アストルフォの角笛
魔法の島で木にされたアストルフォが善の魔女ロジェスティラの領土に居候した後、旅立つ時に与えられた角笛。
人間の職人では作り出すことは出来ないとされ剣も槍も通用しない相手に有効とされている。
魔法使いアトラントによって自分の姿が恐ろしいものに見える呪いをかけられ、民衆に殺されそうになったが、この角笛を吹いたことで民衆の正気を取り戻すことに成功した。
また、エチオピアの王が怪鳥ハルピュイアによって食卓を荒らされ、飢え死にしそうな時にアストルフォが現れて使用し、怪鳥を巣へと追い払った。
その後、月に行った際に効果を失ったため最後の戦いには使用できなかった。


関連項目

恐慌呼び起こせし魔笛の武器分類。

使用者の別の宝具。

関連タグ


リンク

武器,楽器,角笛,魔笛,奈須きのこ作品,Fate,音響