我が麗しき父への反逆

クラレント・ブラッドアーサー
作品名:Fate/Apocrypha
使用者:〝赤〟のセイバー(= モードレッド)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具のひとつ。形状は憎悪、雷など。
血の色をした赤い雷撃を直線上に発射する




術技についての詳細

基本性能

宝具のランク A+
種別 対軍宝具
レンジ 1~50
最大捕捉 800人
宝具による効果 赤雷ビーム

発動時の形容

  • 憎悪に染まる
    • 使用者を中心とした周囲が血に染まる。
    • 奇怪な音と共に剣が血の極光に包まれる。
 瞬間、剣を構えた〝赤〟のセイバーを中心とする一帯が血に染まる。そればかりではな
く〝赤〟のセイバーが持つ剣の刀身が血の極光に包まれ、奇怪な音を立てて変化していく。

赤雷

  • 進行方向上に赤い雷撃が奔る
    • 使用者の膨大な魔力と燦然と輝く王剣の『増幅』と歪んだ父親への想いが赤雷となったもの
 分かりやすく言うと、『我が麗しき父への反逆』は『魔
力放出』の応用であり、出現する赤雷は増幅させるこ
とで歪んだ父への想いそのものなのである。


使用者との関連性

王剣を変質させる憎悪

  • あまりの憎悪によって宝具の性質が変化した
    • 王にしか持てない剣を憎悪で押し込め、無理矢理振るった。
 これはもちろん、本来の宝具の姿ではない。その有り余るほどの憎悪によって、清廉に
して華麗だった名剣は、魔人が手にするべき禍々しい邪剣へと変貌していく。


元ネタ

カムランの戦い
イギリスの叙事詩『アーサー王伝説』で語られるブリテンの内乱、およびアーサー王の最終決戦。
反逆したモードレッドは最後にクレラントでアーサー王に致命傷を与えた。
なお、雷をぶっぱなした記述はない。


関連項目

我が麗しき父への反逆の術技分類。

我が麗しき父への反逆を発動させる宝具。

関連タグ


リンク