スキョフニング

作品名:ロルブ・クラキと「熊の子」ベズワル
使用者:ロルブ・クラキ

北欧伝承のロルブ・クラキと「熊の子」ベズワルに登場する武器。

王の名剣であること以外に特に言及はない
最後の戦いではこの剣を持つ王と共に十二人の勇士たちは運命と戦い、受け入れて死んでいった。
死後は王の墓に一緒に納められたとされる。


関連項目


関連タグ


リンク