幻想大剣・天魔失墜

バルムンク
作品名:Fate/Apocrypha
使用者:セイバー(= ジークフリート)、ジーク(令呪使用時限定)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する武器。
宝具のひとつ。形状は大剣。
黄昏の波を半円状に放出する

+ 発動時の掛け声




武器についての詳細

来歴

  • ニーベルンゲン族の王が与えた剣
    • 剣の代わりに財宝の公平な分配を求めたところ、本当に公平に分配したため二人の王が不満を抱きジークフリートと戦い、返り討ちにあった。
 誰のものでもなくなった財宝はジークフリートのも
のとなり、バルムンクもまた彼の武器となった。以降、
あらゆる戦いで彼はバルムンクを振るった。

形容

  • 人智を超える華美を備えた剣
    • 人では不可能と思われる華麗さと重厚さを有する。
    • 柄には青い宝玉が埋め込まれている。
      • 青い宝玉には宝具ブースト用に真エーテルが貯蔵されている。
 片や尋常ならざる雰囲気を纏う、長身の青年。両手に握る大剣は相手方の剣同様、人な
らざる者の手を介したとしか思えない華麗さと重厚さを誇っていた。中でも目立つのは、
柄に埋め込まれた青い宝玉である。

基本性能

宝具のランク A+
種別 対軍宝具
レンジ 1~50
最大捕捉 500人
宝具による効果 黄昏の波動による薙ぎ払い

黄昏斬撃

  • 自分を中心として半円状に黄昏の波を拡散させる
    • 黄昏の波は拡散するため距離で威力が大きく下がる。
 Aランクに到達した、聖剣と魔剣両方の属性を持つ
黄昏の剣。王が所有していたためか、対軍に特化して
おり、半円状の剣気を撃ち放つ。


使用者との関連性

剣質変化

  • 持ち主次第で聖剣にも魔剣にもなる
    • グラムの性質を持っているため持ち主次第で剣の属性が変わる。
原点である魔剣『グラム』としての属性も併せ持っており、手にした者によって聖剣、魔剣の
属性が変化する。

魔力炉の肉体

  • フランケンシュタインの怪物化しているジーク
    • 永久機関かつ必要な魔力を即座に引き出せる。
  • 竜の心臓を持つジークフリート
    • 魔力炉と化している心臓から魔力を引き出し、生来の気質と合わさって最速で宝具を発動できる。
      • サーヴァント化してこの速度は失われている。
      • 発動速度はジークフリート(生前)>ジーク>ジークフリート(サーヴァント)
 ジークはサーヴァントのジークフリートにはない『ガ
ルバニズム』を持っており、宝具に発動する際に必要
な魔力を立ち所に引き出すことができる。生前のジー
クフリートはそもそもが竜の血を浴び、飲んだこと
よる心臓の変質と生まれついての資質が組み合わさっ
て、ジーク以上の速度で魔力を引き出し、剣気を撃ち
放っていたという。

元ネタ

バルムンク(Balmung
ドイツの国民的英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』に登場する名剣。


関連項目

幻想大剣・天魔失墜の武器分類。

幻想大剣・天魔失墜のもうひとつの姿。

関連タグ


リンク