草薙の剣(東方シリーズ)

作品名:東方香霖堂
使用者:森近 霖之助

東方シリーズに登場する道具。
緋々色金でできた刀剣。
一応、武器に分類されるはずだが、武器として使用されている場面は無い。




道具についての詳細

緋々色金の刀剣

  • 外の世界を変革できる刀
    • 緋々色金製なので朽ちることはない。
 鉄くずの中から一振りの古びた剣を取り出し
た。魔理沙が緋々色金を知っていた訳がない。
なぜなら、この剣は緋々色金でできているのだ。魔理沙はずっと昔から緋々色金で出来た剣を持っていたのだ。
 この剣、名前は「草薙の剣」という。恐ろしく稀
少な品だ。何しろ、外の世界を変えてしまう程の
品である。


元ネタ

天羽々斬
日本神話に登場する剣。「羽々」とは大蛇の意。
「布都斯魂剣」(フツシミタマノツルギ)、「蛇之麁正」(オロチノアラマサ)とも呼ばれる。
須佐之男命がヤマタノオロチを斬殺した際にその尻尾から発見されたとされる神剣。
その後に天照御大神へ献上され、天叢雲剣(アマノムラクモノツルギ)、草薙剣(クサナギノツルギ)になったとされる。

緋々色金
太古日本で様々な用途で使われていたとされる、伝説の金属または合金。
古代ギリシャに伝わるオリハルコンとヒヒイロカネは同一の物質とされる。



関連項目


関連タグ


リンク