未知のアイテムの名称と用途がわかる程度の能力

作品名:東方香霖堂
使用者:森近 霖之助

東方シリーズに登場する能力。
視認することでどんな未知のアイテムだろうと名称と用途がわかる能力




能力についての詳細

鑑定

  • 鑑定物の名称と用途が解析できる
    • 使用者の知識にはない外の世界の専門用語まですらすら解析できる。
 さて、これは久々の大仕事である。最近は滅
多に仕事もないし客も来ないので、このままで
は自分の“能力”も腐ってしまう。そう、“未知の
アイテムの名称と用途がわかる程度の能力”だ。

欠点

  • 使用方法がわからない
    • パソコン等の精密機械相手にはほとんど意味がない。
普通の道具屋ではこの能力は活かせないかと
思って、珍品も扱う店を開いたのだが……、珍
品は奇人を集めただけだった。それにこの能
力、ちょっと問題があって……、実は名称と用
途がわかっても使用方法がわからないのだ。ま
ぁ、道具なんて用途さえわかれば何とかなるも
んだが。
  • 神話世界以前に存在していた名無しのものに使えない
    • 名前の概念が存在していなかった神の時代のものには通用しない。
「確かにそう言う事になるが……実際にはそれも無理な話だ。この動物
はまだ神々が名前を付ける以前の生き物だから、名前の無い動物なんだ
よ。こればっかりは僕の能力も知ることの出来無い物なんだ」



関連項目

鉄屑の中から能力を使って見つけた刀剣。

能力で様々な用途の金属を合成した八卦炉。

関連タグ


リンク