竜(竜✝恋)

ドラゴン
作品名:竜✝恋
用語分類:種族分類

竜✝恋に登場する用語。
幻想世界からやってきた神話固体
夢(ロマン)を人にもたらすために戮(ころ)されるためにいる。
血液が金色で任意の物質へと変換可能。また人型へと変身が可能。




詳細

来歴

  • 竜殺しの英雄を求める夢から産み出される存在
    • 高次元からエーテルによって実体化し、竜殺しによって殺される。
「だからこそ、我ら竜は無限に
 戮され続ける。
 夢がそれを求めているから」

形容

  • 白く巨大な竜
    • 戦車砲を弾く鱗、鋼を切り裂く爪など全身が武器である。
空を隠すほどの威容を誇る巨躯、
如何なる刃も弾も通さない堅牢な鱗をまとい、
強靭な爪は鋼を布のように引き裂き、
山をも噛み砕く牙、
視線だけで心臓を凍らせる魔眼、
そして形あるものの一切を灰燼に帰す鏖殺の吐息——

戦闘能力

基本戦闘能力

  • 再生
  • 変化
  • 物質変換
    • 血液を任意の物質に変える。
  • 竜の吐息(ドラゴンブレス)

変化

  • 形状を任意に変化させる
    • 状況に合わせて形を変える。
ドラゴンは飛翔するのに最適な形態へと、自らの姿を変形させた。

竜の吐息(ドラゴン・ブレス)

  • ドラゴンの吐くエネルギー砲
形あるものの一切を灰燼に帰す鏖殺の吐息。
あれをもらったら、今度こそ跡形もなく消し飛ぶ。

血液変換

  • 血液の性質・構造を自在に変化させる
    • 竜殺機関すらも溶かす猛毒に変えられる。
    • 槍となって射出することも可能。
竜の血を浴びた鎧が嫌な音を立てて、焼け爛れる。
——血の成分を組み替えて、猛毒に変えたのか。

弱点

  • 喉元の金属片
    • 竜の逆鱗にあたる、
(さらけ出す喉元)
(そこに埋め込まれた金属片)


人間形態

鱗の鎧

  • 竜の鱗を生やす
    • 部分的に竜形態と同じ防御力を得る。
間に入った彼女が『竜殺し』の剣を防いだ。
光の刃を弾いた腕は鱗に埋め尽くされている。
  • 竜の鱗を変形させて武器を作り出す
    • 切れ味も鋭い。
瞬間、腕を覆う鱗が変形して、剣のように伸びた。

鏖殺の吐息(ドラゴン・ブレス)

  • 人間形態時の竜の吐息
    • 対人レベルまで火力の調整が可能。
戦う彼女の呼吸法が変わる。
竜眼と逆鱗に宿る光。
ドラゴン・ブレスの兆候。



関連項目

竜を殺すための機関。

関連タグ


リンク