中台八葉種子法曼荼羅

作品名:相州戦神館學園シリーズ
使用者:壇 狩摩

相州戦神館學園シリーズに登場する能力。
邯鄲法における五常楽の破段。創法と咒法の複合。
陣地の強制移動および対象者の方向感覚の阻害 もしくは パネル式で上下前後左右の方向感覚を切り替える場の展開





能力について(Ver.1)

陣形撹乱

  • 陣形を崩しバラバラに入れ替える
    • 戦力を分断して陣形を崩す。
 瞬間、迫る獣化聯隊の陣形が寸断され、それぞればらばらの配置に飛ばされ
た。まるで盤上遊戯であるかのように、配置を勝手に弄ってしまう。

感覚阻害

  • 五感を狂わせる
    • 設定した五感情報叩き込んで方角を見失わせる。
 咒法によって、己が設定した五感情報を直接叩き込んでいるのだろう。


能力について(Ver.2)

梵字で構成された曼荼羅

  • 複数の梵字を描いたパネルで構成された曼荼羅
    • パネルはランダムで移動する。
    • 床と天井に展開される。
 幾何学的な組み合わせを見せる曼荼羅の陣。それを構成するパネルの一つ一
つに、前述した梵字を刻む光が浮いていた。
 しかも全く一定ではない。今このときも、梵字はランダムに輝きながら位置を変え続けている。

方角潰し

  • 踏んだパネルの方角が逆になる
    • 北を踏めば南を北と認識するようになる。(南は南のまま)
      • 上の例では南へ行けない
 なぜなら前が後ろになったからとって、後ろが前になったわけではない。午
を踏まない限り後ろは後ろのままであり、先ほどまでの静乃は前進という選択
を潰された状態だった。


元ネタ

中台八葉院
胎蔵曼荼羅の中央にある蓮座のこと。
中央に大日如来、周囲の八つの花弁に宝幢、開敷華王、無量寿、天鼓雷音の四仏と、普賢、文殊、観自在(観音)、弥勒の四菩薩が位置して いる。



関連項目

中台八葉種子法曼荼羅の能力分類。

使用者の急段。

関連タグ


リンク