拡散度急速増大

エントロピー・ブースト
作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:羽鷺 雪名(うさぎ せつな)

アンチリテラルの数秘術師に登場する術技。
数秘術のひとつ。
エントロピーを増大させ、物質やエネルギーを一定範囲内で急速に拡散させる 数秘術の技能。




術技についての詳細

エントロピー操作

数式の魔法円を使って強大なドームを生み出す。
ドーム内のエントロピーは急速に増大させられてあらゆるエネルギーは無力化される。
「─────エントロピーの急速拡大。私の周囲で発生したあらゆるエネルギーは、急速に拡散
して無力化される。この魔法円はそういう意味だ。つまり私は、この核爆弾の被害範囲を、こ
の屋上を吹き飛ばす程度のレベルに限定する事も出来るという事だよ」

+ 作中で無力化したもの


元ネタ

エントロピー(entropy
熱力学における専門用語。1865年にドイツのクラウジウスが創った言葉である。
当初は熱力学における断熱変化の不可逆性を表す指標だったが、後に統計力学や情報理論に応用されて「乱雑さ」を示す物理量という意味を持った。
“en”は「中に」という意味の接頭語で、“tropie”は「変化」を表すギリシャ語に由来する。
だから、エントロピーとは「変化に内在するもの」という意味である。


関連項目

数秘術
拡散度急速増大の術技分類。

関連タグ


リンク